看護用語辞典 ナースpedia キーワード:脳卒中

脳卒中とは・・・

最終更新日 2019/02/13

脳卒中(のうそっちゅう、stroke)とは、血管の狭窄・閉鎖、破綻などによって神経症状が発現した急性期の脳血管障害である。脳卒中は、血管の狭窄・閉塞で生じる虚血性疾患(脳梗塞)と、脳血管の破綻による出血性疾患(脳出血、くも膜下出血)に分けられる。

脳卒中は、かつては死因の第1位であったが、現在は悪性新生物、心疾患に次いで日本の死因別死亡率で第3位である。しかし脳卒中患者は増加傾向であり、平成26年度で117万9千人と多く、平成28年の調査では、介護が必要となった原因の第2位となっている。

【原因(危険因子)】
脳卒中の危険因子としては、基礎疾患(高血圧糖尿病脂質異常症、心房細動)と、生活習慣(喫煙、大量飲酒、肥満、運動不足)が挙げられる。中でも最も重要なのは、高血圧のコントロールといわれている。

【症状】
脳卒中でよくみられる症状としては、片側の上下肢の運動障害や感覚障害、呂律障害、高次機能障害(失語・失認・失行)、頭痛意識障害、視野異常などが突然生じる。特に頭痛や意識障害は出血性脳卒中(脳出血やくも膜下出血)、片麻痺や構音障害、失語は脳梗塞や脳出血でみられることが多い。

【検査・診断】
脳卒中の確定診断に最も有効なものは画像診断である。脳卒中の疑いがある患者には、まず頭部CTを撮影し、脳出血やくも膜下出血の有無を評価する。しかし、頭部CTは出血の診断には有効だが、発症早期の脳梗塞や小さい脳梗塞は診断困難である。そのため、脳卒中疑いがあるが頭部CTで異常所見はない場合は、頭部MRI撮影を行う必要がある。

【治療】
急性期の脳出血の治療は降圧治療が中心である。くも膜下出血は降圧以外にも鎮静や鎮痛をしっかり行い、脳動脈瘤の再出血予防のため、血管内治療や開頭手術が行われる。また、脳梗塞は発症4.5時間以内の場合は、血栓溶解療法が有効であり遺伝子組み換え組織プラスミノーゲン・アクティベータ(rt-PA)が使用される。最近では脳動脈主幹部の脳梗塞の場合には、血管内治療(経皮的脳血栓回収術)が行われるようになった。

脳卒中を発症した患者は、後遺症を残すことが多いため、機能の回復と維持のためにはリハビリテーションが重要である。

執筆

神谷侑画

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター 副医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

「白衣の戦士!」で学ぶ癒着性腸閉塞の治療とケア

この春始まった新ドラマを題材に、ナースに必要な医学知識を楽しく解説! [ 記事を読む ]

JCSっていつ、どんなときに使うの?

患者さんを見て、すぐに「JCS●点!」って評価できますか? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師の仕事は好きですか?

投票数:
1316
実施期間:
2019年04月05日 2019年04月26日

腰が痛くて困ったことはありますか?

投票数:
832
実施期間:
2019年04月12日 2019年05月03日

職場の飲み会でお酌しますか?

投票数:
822
実施期間:
2019年04月16日 2019年05月07日

【転職経験者さん限定】前の病院と違っていて驚いたことありますか?

投票数:
145
実施期間:
2019年04月19日 2019年05月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者822

糖尿病の検査法の一つに経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)があります。この検査で用いられる糖の負荷量は何gでしょうか?

  • 1.15g
  • 2.45g
  • 3.75g
  • 4.105g
今日のクイズに挑戦!