最終更新日 2019/09/30

肺動脈楔入圧

肺動脈楔入圧とは・・・

動脈楔入圧(はいどうみゃくせつにゅうあつ、pulmonary capillary wedge pressure;PCWP)とは、バルーンカテーテルを右心房から肺動脈へ挿入し、バルーンを膨らませて肺動脈を塞いだときにカテーテルの先端にかかる圧のことである。左心房圧および左室拡張末期圧の指標にできるため、左心系の機能評価や診断に用いられる。基準値は5~13mmHg。

 

引用参考文献
1)肺動脈楔入圧.医療関係者向け情報.トーアエイヨー.

この記事をシェアしよう

この単語に関連する記事

関連する記事はありません。

1777単語公開中!

用語辞典トップへ