看護用語辞典 ナースpedia キーワード:記憶障害

記憶障害とは・・・

最終更新日 2018/05/28

記憶障害(きおくしょうがい、memory disorder)とは、何らかの要因により記憶のメカニズムに障害が生じたものである。

記憶は新しい経験を脳内に保存することを指し、記銘(覚える)、保持(蓄える)、想起(思い出す)という要素を含むが、記憶障害においてはこれらのいずれか、あるいはすべてが障害されることにより、物事が思い出せない、あるいは覚えられないという状態に陥る。

【記憶とは?】

記憶は大別すると長期記憶と短期記憶に分類される。

新しい経験は海馬で一時的に保存された後、陳述記憶(言葉の意味やエピソードなど意識化できるもの)、非陳述記憶(自転車の乗り方などの動作や技能、手続きといった意識化されないもの)が選択されて大脳新皮質に長期記憶として保存されるが、そのほかの不要な記憶は短期記憶として海馬で消去される仕組みになっている。

【記憶障害の種類】

○健忘症

記憶障害の中で、健忘症は陳述記憶の障害であり、新しいことを覚えられない記銘障害を病態とする前向性健忘と、発症以前のことを思い出せない想起障害を病態とする逆向性健忘がある。一部の記憶が完全に欠落する健忘症に一過性全健忘(transient global amnesia;TGA)がある。中高年に多く、数時間から数日程度で回復する。健忘症はほかに、症状精神病、頭部外傷、てんかん、ヒステリーなどでみられるほか、作話を伴うものとして健忘症候群やコルサコフ(Korsakoff)症候群がある。

○物忘れ

加齢によるいわゆる「物忘れ」では、脳の機能低下により想起障害が生じて、物事を思い出すのに時間がかかるようになる。

○認知症

脳の機能的・器質的障害を原因とする認知症(アルツハイマー型認知症)での記憶障害は、海馬の萎縮により記銘障害が生じ、物事を覚えられなくなることである。さらに進行すると保持障害、想起障害も顕在化し、個人的な体験などのエピソード記憶も障害されるが、技能などの手続き記憶は晩期まで維持されることが多い。

認知症の原因にはさまざまなものがあり、アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症、前頭側頭型認知症など不可逆的に進行する神経の変性が原因となるものも多いが、正常圧水頭症、HIV脳症、甲状腺機能低下症、慢性硬膜下血腫、神経梅毒などの治療可能な認知症(treatable dementia)を見逃さないことが重要である。

執筆

石田 光

元 神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

電池切れ|マンガ・ぴんとこなーす【226】

夜勤明けあるある!夜勤ハイがずっと続くと思いきや… [ 記事を読む ]

【イラストで解説!】消化器系の解剖生理

胆汁は胆嚢から放出されます。では、胆汁を作るのはどこでしょう? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

TV番組、毎週どれだけ録画してる?

投票数:
1278
実施期間:
2019年05月31日 2019年06月21日

院内のジンクス教えて!

投票数:
1115
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1090
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
1013
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
900
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日

エンゼルケアどこまでやっている?

投票数:
2434
実施期間:
2019年06月18日 2019年07月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者562

過敏性腸症候群のRome Ⅲ診察基準では、「半年以上前から腹痛や腹部不快感を繰り返し、特に最近3カ月は、月のうち3日以上ある」という症状のほか、3つの項目が当てはまることとされています。下記の選択肢のうち、その3つの項目に当てはまらないものはどれでしょうか?

  • 1.腹痛や腹部不快感は、排便すると軽くなる。
  • 2.症状とともに排便の回数が増えたり減ったりする。
  • 3.症状とともに便の形状が以前と変わった(柔らかくなったり硬くなったりする)。
  • 4.症状とともに発熱のような随伴症状、もしくは血便が見られる。
今日のクイズに挑戦!