看護用語辞典 ナースpedia キーワード:しゃっくり

しゃっくりとは・・・

最終更新日 2018/02/26

しゃっくり(hiccup)とは、横隔膜・肋間筋・前斜角筋などの呼吸筋の間代性けいれんと門閉鎖が同期して生じ、「ヒック」というような独特の音が出る現象のことである。吃逆(きつぎゃく)ともいう。

吃逆反射の中枢は延髄にあり、求心路に何らかの刺激が加わると、吃逆中枢より横隔神経と迷走神経を介して横隔膜と声門が刺激され、吸気運動(横隔膜の収縮運動)と声門閉鎖運動(声門閉鎖筋の運動)が協調して吃逆が起こる。

【分類】
しゃっくり(吃逆)は持続期間により、3つに分類される。
・良性吃逆発作:48時間未満で自然に軽快するもの
・持続性吃逆:48時間以上から1カ月以内の間にわたって続くもの
・難治性吃逆:1カ月を超えるもの。
良性吃逆発作の原因は、の拡張(空気・摂取した食事・アルコール摂取など)によるものが多い。また、急激な胃の温度変化(冷水の飲水など)・興奮・喫煙なども原因になり得る。
難治性発作の原因は、心因性・器質性(中枢神経系・末梢神経系・代謝性・薬剤性・感染性)・特発性に分類することができ、さまざまな原因が存在する。難治性吃逆では、食事摂取量の減少・うつ症状・体重減少・不眠などの原因となり得る。
しゃっくり(吃逆)の頻度は2~60回/分であり、血中二酸化炭素濃度が低下すると増加し、逆に上昇すると減少する。睡眠中は消失し、覚醒とともに出現するものもある。

執筆

井上 彰

明石医療センター 救急科医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(1)

【水曜連載】父のがん発見をきっかけに、「死」について考えるエッセイマンガ。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

今期のドラマ、何が楽しみ?

投票数:
2457
実施期間:
2019年10月25日 2019年11月15日

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1250
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1159
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1004
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
938
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
630
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者662

◆集中治療の問題◆スワンガンツカテーテルで測定できないものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.混合静脈血酸素飽和度(SvO2
  • 2.体血管抵抗(systemic vascular resistance;SVR)
  • 3.体血管抵抗係数(systemic vascular resistance index;SVRI)
  • 4.血中乳酸値(Lac)
今日のクイズに挑戦!