看護用語辞典 ナースpedia キーワード:動悸

動悸とは・・・

最終更新日 2018/07/25

動悸(どうき、palpitation)とは、自身の心臓の鼓動を、不快感を伴って自覚する症状である。正常よりも鼓動を大きく感じる、脈が飛ぶ、脈が速い、などと感じるものはすべて動悸に含まれる。不整脈や生理的な心拍数の増加など、原因はさまざまである。

【原因】
動悸を来す主な原因は、(1)不整脈、(2)洞性頻脈、(3)心因性の3つに大別される。

(1)不整脈
期外収縮、房室ブロック、心房細動などの循環器系疾患で起こる動悸。

(2)洞性頻脈
自律神経や薬剤などの影響で興奮状態となり、動悸が起こる。二次的な生体反応であることが多い。
    
(3)心因性
パニック障害、過換気症候群、心臓神経症などで動悸が起こる。

    
【検査・診断】
動悸の感受性には個人差がある。感受性の強い人は動悸を感じやすいが、あまり気にならない、または自覚がない人もいる。また、動悸の持続時間も一瞬~数時間などさまざまだが、動悸の持続時間にも注意を払う必要がある。
動悸を訴える患者には、まずバイタルサイン測定を行い、12誘導心電図を用いて診断する。バイタルサインに異常がある場合速やかに医師を呼ぶ。バイタルサインに異常がない場合には、12誘導心電図で評価するのが通常で、この時に不整脈を認められなければ落ち着いて対処してよい場合が多い。

執筆

小森大輝

順天堂大学大学院医学研究科 総合診療科学大学院生

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 動悸に関するQ&A[09/04up]

    『看護のための症状Q&Aガイドブック』より転載。 今回は「動悸」に関するQ&Aです。 動悸を感じる患者からの訴え 「心臓がドキドキします」 「胸に違和感があります」 〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

新人ナース必見!持っておきたいナースグッズ12選

「とりあえずこれだけ持っとけば大丈夫!」現役看護師厳選のグッズを徹底解説! [ 記事を読む ]

心電図のキホン、ここだけはおさえておこう!

基準値、異常な波形いろいろ、心電図実施時のポイントなどをコンパクトに解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「新人だった頃の私」に言いたいことは?

投票数:
1232
実施期間:
2020年03月17日 2020年04月07日

実習中の看護技術、どれに苦労した?

投票数:
2829
実施期間:
2020年03月20日 2020年04月10日

1日がかりの院外セミナー。ランチは何がベスト?

投票数:
1112
実施期間:
2020年03月24日 2020年04月14日

【エイプリルフール】人生最大級の「嘘」おしえて!

投票数:
1016
実施期間:
2020年03月27日 2020年04月17日

めちゃくちゃ疲れたときの「自分へのご褒美」ある?

投票数:
867
実施期間:
2020年03月31日 2020年04月21日

ついつい職業病が出ちゃうときってどんなとき?

投票数:
545
実施期間:
2020年04月03日 2020年04月24日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5998

◆浮腫の問題◆浮腫について正しい説明はどれでしょうか?

  • 1.すべての浮腫の患者さんに水分管理が優先される。
  • 2.浮腫の観察は下肢以外では行わない。
  • 3.浮腫による皮膚トラブル予防には保湿剤の塗布を行う。
  • 4.浮腫の触診は骨のない柔らかい部分が最適である。
今日のクイズに挑戦!