1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. エキスパートナース>
  4. リフィーディング症候群|“コレ何だっけ?”な医療コトバ

2016年11月17日

リフィーディング症候群|“コレ何だっけ?”な医療コトバ

『エキスパートナース』2015年4月号より転載。
リフィーディング症候群について解説します。

リフィーディング症候群とは・・・

  • 静脈栄養・経腸栄養投与開始時によく聞くコトバ
  • 特にリン・マグネシウム不足からの不整脈に注意
  • ミネラル・電解質の検査が欠かせない!

織田順
(東京医科大学病院救命救急センター長・准教授)

〈目次〉

 

リフィーディング症候群(refeeding syndrome)とは?

リフィーディング症候群とは、慢性的な栄養障害がある状態に対して、急激に栄養補給を行うと発症する、代謝性の合併症です。

飢餓状態が長く続いたあとに急に栄養補給されると、心不全や呼吸不全、腎不全、肝機能障害ほか多彩な症状を呈することがあります。

リフィーディング症候群(refeeding syndrome)

 

リフィーディング症候群は、どんなとき起こる?

リフィーディング(refeeding)とは、re(再び)feeding(摂取)という言葉の意味からもわかる通り、急激な栄養補給による障害を広く指して使われます。

例えば絶食、るい瘻、低血糖の症例に対しては、適切なカロリーの投与を急ぎたくなりますが、飢餓状態では代謝に以下のような変化をきたしており、急速な栄養補給は危険です。

 

リフィーディング症候群は、なぜ起こる?(メカニズム)

飢餓に陥ると、エネルギー代謝の主体は、糖から、貯蔵された脂肪やタンパクを利用するように変わります。さらに飢餓が長期になると、脂肪が主役となります。主要なミネラルも枯渇します。

ここで急激に栄養補給されると、急な糖負荷によりインスリン分泌は増加し、グルカゴンは抑制されます。リン、マグネシウムなどのミネラルはグルコース利用(細胞内への移動)に伴って細胞内に移動し、血中濃度が低下します。

また、ビタミンBの利用が増加しますが、低栄養により枯れている状態なので、いよいよ完全な欠乏状態となってしまいます。

 

リフィーディング症候群ではどんな症状が出る?

リンは体のエネルギー・ATPの一部となり、また酸素運搬にも必須です。この欠乏により、心不全、不整脈、呼吸不全、意識障害、けいれん、四肢麻痺などの多彩な症状を生じます。

マグネシウムは、体内の反応の多くで補酵素としてはたらいているので、欠乏すると不整脈や神経筋の合併症をきたします。

また、ビタミンB1枯渇による、ウェルニッケ症候群(眼性異常、運動失調、錯乱状態、低体温、昏睡)や、コルサコフ症候群(逆行性健忘、作話症)などを生じます。

 

リフィーディング症候群のポイント

栄養補給の方法に注意

長らく糖代謝によるエネルギー代謝を行っていないところに、急に糖負荷を行うと、急激にインスリン分泌をきたし、糖代謝に必要な物質が欠乏してしまうところがポイントです。なかでも最も気をつけるべきものがリン・マグネシウム欠乏で、不整脈から死に至ることがしばしばです。

したがって、長期間の飢餓に対しては、栄養補給のペースに最大限配慮するとともに、これらのミネラルや電解質のモニタリングが非常に重要です。

また、高リスク患者のアセスメントが大切です。英国のNICEガイドラインには、リフィーディング症候群の高リスク患者が示されています(表1(1)

表1リフィーディング症候群の高リスク患者

リフィーディング症候群の高リスク患者

文献1より引用)

 

リフィーディング症候群にどう対応する?

まずは上記に沿ったアセスメントを行い、状態把握を行いましょう。高リスク患者であれば、再栄養に最大限の注意を払わなければなりません(図1)。栄養は、静脈栄養より経腸栄養のほうが適しているともいわれています。

図1リフィーディング症候群を防ぐための投与フローチャート

リフィーディング症候群を防ぐための投与フローチャート

 

なお、再栄養開始から1~2週間までは、リフィーディング症候群の発症リスクが続きます。

 

コラム:「ダンピング症候群」とは?

胃切除後の栄養投与の際には、胃に食物をプールできなくなるため小腸に急速に流れ込みます。すると急速に血糖が上昇します。

引き続き反応して分泌されるインスリンにより、今度は血糖の急降下が起こります。

これら血糖の急な変化により、おおむね食後2~3時間あたりで「震え、冷汗、めまい、脱力」などを生じるのが、「ダンピング症候群」です。少しずつ摂取することが大切です。

 

 


[引用文献]

  • (1)National Institute for Health and Clinical Excellence:Guideline for the Management of Refeeding Syndrome(Adults)2nd edition.NHS Foundation Trust;2009.

[Profile]
織田順(おだじゅん)
東京医科大学病院救命救急センター長・准教授

*略歴は掲載時のものです。


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2015照林社
[出典]エキスパートナース2015年4月号

エキスパートナース2015年4月号

P.32~「リフリーディング症候群」

この連載

関連記事

いちおし記事

アンケート結果!1年目一番つらかったことは…

新人看護師がつらいこと。「これが1位…」と思わず泣けます。 [ 記事を読む ]

日常のなかでできる「摂食嚥下ケア」

間接訓練と直接訓練、それぞれの進め方のコツは? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

ペディキュアしてますか?

投票数:
663
実施期間:
2017年08月01日 2017年08月22日

何歳まで働き続けたい?

投票数:
617
実施期間:
2017年08月04日 2017年08月25日

キャンペーンや懸賞に応募する?

投票数:
556
実施期間:
2017年08月08日 2017年08月29日

あなたの今の仕事は希望どおり?

投票数:
519
実施期間:
2017年08月11日 2017年09月02日

学歴、気になる?

投票数:
389
実施期間:
2017年08月18日 2017年09月08日

「看護師になりたい」と思い始めたのはいつ?

投票数:
42
実施期間:
2017年08月22日 2017年09月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者335

大腸切除術を受ける患者さんの術前・術後の看護師の対応で最も正しいのは次のうちどれでしょうか?

  • 1.術前1週間前から禁煙の指導を行う。
  • 2.術後安静のため膀胱留置カテーテルは挿入しておく。
  • 3.術後合併症がない場合、食事に制限がないことを説明する。
  • 4.術後はできる限り安静を促す。
今日のクイズに挑戦!