看護用語辞典 ナースpedia キーワード:めまい

めまいとは・・・

最終更新日 2018/05/07

めまいとは、自分自身が感じている身体感覚と周囲空間の認識のずれによる錯覚ないしは異常感覚と定義される。
自分が(または頭部が)じっと静止しているにもかかわらず、周りが回っているように感じたり見えたりふわふわと揺れている感覚、あるいは歩行などに際して、身体が揺れたり、左右どちらかの方向に傾いたりする感覚ないし状態を指す。
具体的な患者の訴えとしては「ふわふわする」「目が回る」という訴えのほか、「意識が遠のく」「地面に引き込まれるような」など表現は多彩である。

【原因】
めまいの原因は主に平衡機能の障害である。
平衡機能とは、立位・歩行・運動の際に転倒しないよう制御しているもので、通常、下記の(1)~(3)の情報が脳で統合されて体幹や四肢に伝わりバランスのとれた姿勢が可能となっている。
(1)固有知覚(足裏や関節の曲がり、筋肉の緊張などの情報)
(2)視覚(目からの情報)
(3)内耳の平衡感覚(重力や頭の動きを感知)
(4)(1)~(3)の情報を脳で統合
めまいの原因としては「(3)内耳の平衡感覚」の障害による末梢性めまいが多い。一方、「(4)脳」の障害によるものを中枢性めまいと呼び区別している。
典型的な末梢性めまいは “激しくグルグルと目が回る”回転性めまいであり、起床時や寝返りの際に起こる良性発作性頭位めまい症が代表疾患であるが、浮動性めまいを訴えることもある。中枢性めまいは“ふわふわする”浮動性めまいを訴えることが多く、脳の梗塞や出血が原因となるため緊急性を伴う。その際にめまい以外にも身体の運動・感覚麻痺を認めるなど症状は多彩であり、また回転性めまいを症状とする小脳梗塞・出血もあるため注意が必要である。

【鑑別・検査】
めまい時には眼球の律動的な不随意運動である眼振(眼球振盪)や、立位で身体が揺れる、歩行すると身体が揺れる、傾くなどの所見が見られる。上記の(1)~(4)の平衡障害以外にも、不整脈などの循環器疾患やホルモン異常(更年期障害)、心因性などのめまいもある。そのため、めまいの鑑別には問診が重要であり、その性状(回転性、浮動性)、持続時間、発作時の状況、随伴症状を聴取した上で、各種検査で診断を進める。

執筆

中島早百合

順天堂大学医学部附属浦安病院 耳鼻咽喉科助手

角田篤信

順天堂大学医学部附属練馬病院  耳鼻咽喉・頭頸科先任准教授

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • めまいに関するQ&A[01/15up]

    『看護のための症状Q&Aガイドブック』より転載。 今回は「めまい」に関するQ&Aです。 岡田 忍 千葉大学大学院看護学研究科教授   めまいの患者からの訴え 「めまいがします」 「くらく... [ 記事を読む ]

いちおし記事

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(1)

【水曜連載】父のがん発見をきっかけに、「死」について考えるエッセイマンガ。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

今期のドラマ、何が楽しみ?

投票数:
2393
実施期間:
2019年10月25日 2019年11月15日

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1217
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1128
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
969
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
880
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
409
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者876

◆転倒・転落のアセスメントの問題◆誤嚥性肺炎で入院となった83歳男性。末梢の持続点滴と経鼻での酸素投与中で、ポータブルトイレでの排泄の安静制限があります。入院前のADLは自立していましたが、前立腺肥大のため頻尿で、日中は8回、夜間2回程度の排尿がみられます。この患者さんの転倒・転落のアセスメントの対応として適切なものはどれでしょうか?

  • 1.夜間に十分な睡眠ができるように長時間作用型の睡眠薬を投与する。
  • 2.ベッドから立ち上がる際は、オーバーテーブルにつかまって立ち上がるよう指導する。
  • 3.夜間は一人で動くと危ないので身体抑制を行ってもよいか、本人とご家族に尋ねる。
  • 4.患者さんの排泄パターンを観察し、トイレに誘導する。
今日のクイズに挑戦!