最終更新日 2018/07/25

インスリン

インスリンとは・・・

インスリン(いんすりん、insulin)とは、膵臓のランゲルハンス島のβ細胞から分泌され、血糖を低下させる作用のあるホルモンである。高血糖のときに、血中から肝臓筋肉、脂肪などへ糖を吸収させる働きがある。
インスリンの分泌障害が起きたり、インスリンに対する抵抗性が生じたりして、高血糖が持続してしまうと糖尿病となる。進行した糖尿病患者では、インスリン分泌障害が起こるため、皮下注射を行う必要がある。インスリンは内服した場合、で分解されてしまうので、注射での投与が必要である。

執筆: 小川顕太

亀田総合病院 集中治療科フェロー 救命救急センター

SNSシェア

この単語に関連する記事

用語辞典トップへ