1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. ツアーナースつれづれ日誌>
  4. ツアーナースをする前に最低限知っておくべきこと5つ|ツアーナースのつれづれ日誌【最終回】

2017年05月19日

ツアーナースをする前に最低限知っておくべきこと5つ|ツアーナースのつれづれ日誌【最終回】

最終回の今回は、「ツアーナースをする前に最低限知っておくべきこと」を5つピックアップしてお伝えします。

(ツアーナースの仕事内容【まとめ】は▶こちら

 

ツアーナースのつれづれ日誌【最終回】

ツアーナースをする前に最低限知っておくべきこと5つ

 

 

 

【1】医療の専門家は自分1人

 

病院などの施設で働いていると、医療機器や、医師・看護師ら医療スタッフが揃った状況に慣れていると思います。

 

そのような状況と違い、ツアーナースの場合は「医療者が自分1人」という現場で対応しなければなりません。

医療機器が少ない中で、自身が中心となって学校教諭らと相談したり指示をしながら対応することを知ってほしいと思います。

 

ツアーナースの応募要件に「臨床経験3年以上」と記載されていても、実際にはこれまで経験したことのない対応や判断を行う場面があります。


病院とは違ったスキルが試される場所と捉えておきましょう。

 

 

【2】自分の判断では投薬や病院受診を決められない

一方で、「自分1人の判断では投薬や病院受診を決められない」ことも忘れないでください。 


ツアーナースであっても、もちろん「保健師助産師看護師法」の下に業務を行います。

 
保護者・ツアーの責任者(校長先生など)に適切な情報を提供・相談をし、最終的に責任者が判断するという流れになります。

 

 

 

【3】アセスメント能力が問われる

投薬や病院受診について、保護者や学校教諭に適切な情報を提供する際には、看護師としてのアセスメント能力が問われます。

 

アセスメントをせずに、解熱鎮痛薬などを手渡すのは、看護師としてしてはならないことです。

 

たとえば、生徒が頭痛を訴えてきた場合のアセスメントとして、まずは緊急性の有無を判断します。

緊急の対応が必要となるのは、脳疾患や髄膜炎など、重篤な状態へ進行する可能性がある症状です。

 

それらの可能性を排除するために、体温、可能であれば血圧、呼吸数・脈拍などを測定し、異常がないかを確認します。

 

次に、顔色や手先のしびれや麻痺、めまい・吐き気の有無、受け答えがしっかりしているか等を確認します。

 

そして、次のような情報を聴取します。

 

・症状がいつから出始めたか

・痛みの度合い(持続的か一時的か)

・痛みの部位

・既往歴

・今までにも同様の症状があったか

・生活状況(食事や睡眠など)

 

これらを総合的にアセスメントし、今後予想される状態を含め、学校教諭らと相談して対応を決定していきます。

 

 

【4】常に自分のスキルをアップデートすることが必要

同行中に何かあれば、ツアーナースは一番に現場に駆けつけ、適切な対応をし、必要なときには的確に救急搬送する必要があります。

 

緊急時の対応については日ごろから常に身につけ、アップデートすることが大切です。

 

たとえば、初期対応に関する講習会(BLSプロバイダーPEARSプロバイダー等)の受講も1つの方法です。

 

また、看護関連の情報だけでなく、養護教諭向けの書籍や雑誌で勉強することも役立ちます。

 

 

【5】経験者に学ぶことが大切

ツアーナースは臨機応変な対応が求められます。

前述したように、自身で学ぶことも必要ですが、それだけではすべて網羅することはできません。

 

私は、ツアーナースでペアで添乗する先輩看護師や養護教諭の先生、学校教諭らとのつながりを増やして、今まで起きたトラブルや、対応に苦慮した場面などの情報を共有しています。

 

病院でインシデントを共有するように、ツアーナースに関わる者同士でも、このような情報共有が大切だと感じています。

 

 

おわりに

ツアーナースの場合、病院などの施設勤務のようにマニュアルやルールが決められていないことも多く、知らないうちに自己流で対応してしまいがちです。

 

そして、自分で知識やスキルをアップデートしようとする姿勢がないと、古い情報のまま対応し、取り返しのつかない誤りに発展することもあります。

 

ツアーナースは簡単にできる「旅行気分の仕事」ではなく、「プロフェッショナルの仕事」としての認識が広まることを望みます。

 

私もまだまだ失敗や経験から学ぶことはたくさんあります。

これからも学び続けていきたいです。

 

プロとしての仕事だからこそ、ツアーナースの喜びがあることを知っていただけたらうれしいです。

これまでありがとうございました。

 


【白石 弓夏(しらいし ゆみか)】

2008年より看護師として総合病院勤務。

小児科、整形外科・泌尿器科・内科の混合病棟、スポーツ整形外科を経験。

その後、派遣でクリニックや検診、ツアーナース、保健室業務、保育園、看護学校臨時教員などさまざまな働き方をし、現在フリーランスナースとして臨床にあたっている。

この連載

  • ツアーナースの仕事内容【まとめ】 [05/20up]

    ツアーナースとは、旅行や課外活動に同行して健康管理を行う仕事です。 「ツアーナースとして働きたい」と思っても、仕事内容がわからないと不安ですよね…。 そこで、初めてのお仕事前に知っておきたい「仕事内容」をまとめました! ... [ 記事を読む ]

  • 【最終回】ツアーナースをする前に最低限知っておくべきこと5つ [05/19up]

    最終回の今回は、「ツアーナースをする前に最低限知っておくべきこと」を5つピックアップしてお伝えします。 (ツアーナースの仕事内容【まとめ】は▶こちら)   ツアーナースのつれづれ日誌【最終回】 ツアーナースを...

  • 【10】ツアーナースだけで生計が立てられる? [05/11up]

    ツアーナースとして働いてみたい場合、「病院勤務と両立できるのか」「ツアナース専業で生計を立てられるのか」など収入面での不安があると思います。 今回はツアーナースのさまざまな働き方と想定される月給例をご紹介します。 (ツア... [ 記事を読む ]

  • 【9】ツアーナースとして働くメリット・デメリット [05/04up]

    今回はツアーナースとして働くメリットとデメリットをご紹介します! (ツアーナースの仕事内容【まとめ】は▶こちら)   ツアーナースのつれづれ日誌 Vol.9 ツアーナースとして働くメリット・デメリット ... [ 記事を読む ]

  • 【8】ツアーナースの「暗黙のルール」知ってる? [04/27up]

    今回は、ツアーナースとして働くうえで、初心者でも知っておいてほしい「基本的なルール」をご紹介します。 (ツアーナースの仕事内容【まとめ】は▶こちら)   ツアーナースのつれづれ日誌 Vol.8 ツアーナースの... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(3)

3看護roo!編集部2017年06月09日 09時46分

匿名さま
ご指摘ありがとうございます。
該当部分を修正いたしました。

2匿名2017年05月20日 14時42分

PEARSのリンク先が、PALSになっています。

1匿名2017年05月20日 11時36分

さすがにACLSは初期対応ではないように思いますが・・・

関連記事

いちおし記事

看護記録に表れるナースの気持ち

「本当にお疲れさま!」とねぎらってあげたい看護記録の1例 [ 記事を読む ]

吸引カテーテルを挿入する長さは?

吸引カテーテルは、気管分岐部直上まで挿入します。具体例で解説。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

白衣はパンツ派?スカート派?

投票数:
707
実施期間:
2017年09月08日 2017年09月29日

自宅での看取りを経験したことはありますか?

投票数:
621
実施期間:
2017年09月12日 2017年10月03日

急変対応したことある?

投票数:
589
実施期間:
2017年09月15日 2017年10月06日

プリセプター、何がツラい?

投票数:
973
実施期間:
2017年09月19日 2017年10月10日

プリセプティー、何がつらい?

投票数:
909
実施期間:
2017年09月22日 2017年10月13日

ドラマの決めゼリフ、言ってみたいのはどれ?

投票数:
223
実施期間:
2017年09月26日 2017年10月17日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者157

A国では、マラリアやコレラが原因で高熱、下痢、おう吐などの症状で脱水状態となり、亡くなる子どもが増加している開発途上国です。そのA国の国境沿いには、大勢の難民がキャンプで不便な生活を余儀なくされています。あなたは、その難民キャンプに救援チームの一員として、現地に入りました。十分な医療資機材や食糧はキャンプでは確保できていません。まず、脱水症状に陥っている難民、特に子どもへの支援を行うために、あなたが容易で迅速にできる対応を以下の中から一つ選んでください。

  • 1.現地に救援に入っているNGO団体などから飲料水を調達し補給する。
  • 2.治療ができるように保健機関などを探し交渉する。
  • 3.経口補水液を調達または作成し、脱水の補正を行う。
  • 4.現地の衛生環境を調査し、感染症対策を現地の関係者と協議する。
今日のクイズに挑戦!