BLSプロバイダー

2015年06月23日

救急看護のプロフェッショナルへの登竜門

監修:飯村 知広

小児救急看護認定看護師

 

 

【1】「BLSプロバイダー」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「BLSプロバイダー」ってどんな資格?

BLS(Basic Life Support)とは一次救命処置のこと。心肺停止状態になった乳児、小児、成人に対しての人工呼吸、心臓マッサージ、AEDの使い方、気道異物除去などを学ぶ資格です。

 

ACLSプロバイダーやPALSプロバイダーコースの基礎となるのが、BLSプロバイダーコースで学習する質の高いCPRです。「BLSプロバイダー」の資格は、一次救命処置のプロフェッショナルをめざすナースの、いわば登竜門となります。

 

資格取得者のインタビュー「心肺停止に対応する確かなスキル」

 

資格取得のメリット

【1】「ACLSプロバイダー」の資格と合わせて、救急看護のスキルをアップ

急性期病院に勤務しているのであれば、ACLSプロバイダーもあわせて取得しておきたいところ。「BLSプロバイダー」は、ACLSプロバイダーやPALSプロバイダーを学ぶ基礎としても取得しておきたい資格です。

 

【2】半日~1日で取得可能

病棟勤務が忙しくても、全国で随時実施されている講習会に半日~1日参加することで、取得することが可能。救急看護のプロへの第1歩には持ってこいの資格です。

 

資格データ(認定数・費用など)

費用 13,000~21,000円程度(開催団体により異なる)

講習会の期間 半日~1日

条件 講習会への参加必須

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性…なし

 

【2】臨床経験の必要性…なし

医療職以外の参加も可能

 

【3】講習会等への参加の必要性…あり

全国で随時開催されている半日~1日講習会への参加が必須
 

 

認定までの流れ

【1】講習会への参加

・全国で随時開催されている。開催スケジュールは各資格承認団体のHPを参照

 

【2】認定審査

・講習会中に、実技試験と筆記試験がある

 

【3】認定

・認定料は講習会費用に含まれている

 

【4】更新

2年ごとに更新。

 

資格承認団体

日本医療教授システム学会(JSISH)

日本BLS協会(JBA)

日本ACLS協会(JAA)

日本循環器学会(JCS)

日本救急医療教育機構(JIEME)

国際救命救急協会(IEMA)

福井県済生会病院(FSH)

ACLS JAPAN

 

記事最終更新日

2017年5月10日

いちおし記事

EPA看護師の本音は…

「この制度は失敗」と安易に言われたくないという著者が語ります。 [ 記事を読む ]

スワンガンツカテーテル

先端にバルーンが付いていることが安全の仕組み。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

転職してよかった?

投票数:
631
実施期間:
2017年09月05日 2017年09月26日

白衣はパンツ派?スカート派?

投票数:
684
実施期間:
2017年09月08日 2017年09月29日

自宅での看取りを経験したことはありますか?

投票数:
593
実施期間:
2017年09月12日 2017年10月03日

急変対応したことある?

投票数:
558
実施期間:
2017年09月15日 2017年10月06日

プリセプター、何がツラい?

投票数:
887
実施期間:
2017年09月19日 2017年10月10日

プリセプティー、何がつらい?

投票数:
665
実施期間:
2017年09月22日 2017年10月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3112

急性期〜安定期にある患者さんに対して呼吸リハビリテーション(運動療法)を開始するにあたり、評価項目として必須でないものは次のうちどれでしょうか?

  • 1.動脈血ガス分析
  • 2.経皮的酸素飽和度(SpO2
  • 3.握力
  • 4.呼吸困難感
今日のクイズに挑戦!