1. 看護師の資格事典TOP >
  2. 救急看護ケア >
  3. BLSヘルスケアプロバイダー

BLSヘルスケアプロバイダー

2015年06月23日

救急看護のプロフェッショナルへの登竜門

 

【1】「BLSヘルスプロバイダー」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「BLSヘルスプロバイダー」ってどんな資格?

BLSとは一次救命処置のこと。心肺停止状態になった成人、乳児、小児に対しての人工呼吸、心臓マッサージ、AEDの使い方、気道異物除去などを学ぶ資格です。

 

ACLSプロバイダーやPALSプロバイダーを受講するには、BLSヘルスケアプロバイダーコースを履修している必要があり、『BLSヘルスプロバイダー』の資格は、一次救命処置のプロフェッショナルをめざすナースの、いわば登竜門です。

 

資格取得者のインタビュー「心肺停止に対応する確かなスキル」

 

資格取得のメリット

【1】BLS=国際ガイドラインに基づいた資格

BLSは国際ガイドラインなどの最新理論に基づいた資格です。国際ガイドラインに基づいた一次救命処置のほぼすべてを網羅して学ぶことができます。

 

【2】『ACLSプロバイダー』の資格と合わせて、救急看護のプロになれる

急性期病院に勤務しているのであれば、ACLSプロバイダーもあわせて取得しておきたいところ。ある日突然、自分ひとりしか蘇生法を知らない現場に居合わせたとしても慌てないように、またACLSプロバイダーやPALSプロバイダーを学ぶ基礎として取得しておきたい資格です。

 

【3】1日で取得可能

病棟勤務が忙しくても、全国で随時実施されている講習会に1日参加することで、取得することが可能。救急看護のプロへの第1歩には持ってこいの資格です。

 

資格データ(認定数・費用など)

費用 30,000円 程度

取得までの期間 1日

在宅学習 不可(講習会への参加必須)

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性…なし

 

【2】臨床経験の必要性…なし

相応の知識は求められるが、医療職以外の一般参加も可能

 

【3】講習会等への参加の必要性…あり

全国で随時開催されている1日講習会への参加が必須
 

 

認定までの流れ

【1】講習会への参加

・全国で随時開催されている。開催スケジュールはHPを参照。

・講習会費用:18,100円

 

【2】認定審査

・講習会後に、筆記試験がある

 

【3】認定

・認定料は講習会費用に含まれている

 

【4】更新

2年ごとに更新。リニューアルコースを受講する必要がある。

※更新料:13,100円

 

資格承認団体

日本ACLS協会

 

記事最終更新日

2016年11月8日

いちおし記事

8問の採点除外は過去10年で最多

看護師国家試験の採点除外対象問題をまとめました。 [ 記事を読む ]

これって身体拘束?

身体拘束にあたる4つの基準とは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

もし新卒時に戻れるなら何科で働きたい?

投票数:
308
実施期間:
2017年03月14日 2017年04月04日

「寝坊したことある?」そのあとどうした?

投票数:
285
実施期間:
2017年03月17日 2017年04月06日

就職活動をした(応募した)病院はいくつ?

投票数:
264
実施期間:
2017年03月21日 2017年04月10日

国試の合格発表、最初に誰に知らせた(る)?

投票数:
234
実施期間:
2017年03月24日 2017年04月13日
もっと見る