看護用語辞典 ナースpedia キーワード:起立性低血圧

起立性低血圧とは・・・

最終更新日 2018/02/22

起立性低血圧(きりつせいていけつあつ、orthostatic hypotension)とは、臥位から立位に体位変換をしたときに、重力の影響で下半身に循環血液が偏在した結果、収縮期血圧が20mmHgもしくは拡張期血圧が10mmHg以上低下することである。

起立性低血圧の検査では、立位になる前に少なくとも5分以上臥位を保ってもらい、立位になった後3分以内に立位のまま血圧を測定することにより診断する。5分以降に症状を呈する場合には、経時的に5分後以降に測定することもある。

【症状】
起立性低血圧による症状は、主に低血圧に伴う脳の血液循環低下により引き起こされる症状であり、例えば全身脱力感、めまい、眼前暗黒感、前失神・失神などが含まれる。

【原因】
起立性低血圧の原因には、主に自律神経障害、循環血症量減少、薬剤性、加齢によるものが考えられる。心拍数の増加を伴わない起立性低血圧は神経障害由来、心拍数の増加が顕著な場合は循環血液量の減少を疑う。
自律神経障害には、パーキンソン病・パーキンソン症候群などの神経変性疾患によるものから、糖尿病などによる末梢神経障害によるものまで含まれる。また、循環血漿量減少では、脱水、出血性疾患(血便・黒色便などの問診が重要となる)、あるいは利尿剤による影響などが含まれる。薬剤性では降圧薬によるものが多いが、それ以外にも抗うつ剤・前立腺肥大に対する薬剤など一般的に処方されている薬剤が原因になることもあり、注意が必要である。

【治療】
対処可能な原因が明らかな場合、あるいは疑わしい原因がある場合には、まず原因の除去が基本となる(脱水の改善、原因薬剤の中止・減量や変更など)。原因が不明あるいは対処が困難な場合は、生活指導(急に立ち上がらない、適切な水分・塩分の摂取、転倒に注意する、弾性ストッキングの装着)などの非薬物療法から始める。それでも症状が続く場合には、内服加療(交感神経賦活薬、鉱質コルチコイドなど)が考慮される。

執筆

松岡由典

京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻 医療疫学分野

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

祝★連載100回!松本ナースに恋の予感…?

【マンガ】ママナースもも子の今日もバタバタ日誌|増ページでお届け! [ 記事を読む ]

【動画で解説】採血の手技

刺入から抜針までの手順やコツが見てわかる! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「職場で言われたハイセンスな嫌味」選手権

投票数:
1372
実施期間:
2019年08月27日 2019年09月17日

payサービス使ってる?

投票数:
1703
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1282
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1176
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1022
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
876
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
97
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1103

あなたはリーダー看護師より、輸血管理部門へ行き、「照射赤血球濃厚液(RCC)」と融解前の「新鮮凍結血漿(FFP)」とを受け取ってくるように依頼を受けました。搬送中および病棟での管理で最も正しいものは、次のうちどれでしょうか?

  • 1.「照射赤血球濃厚液(RCC)」は温度管理が不適切になると、機能低下が生じるため、冷凍した保冷剤を入れた保冷搬送容器を用いて搬送した。
  • 2.「照射赤血球濃厚液(RCC)」と「新鮮凍結血漿(FFP)」を1つの保冷搬送容器に梱包して丁寧に搬送した。
  • 3.「新鮮凍結血漿(FFP)」は、温度管理が不適切になると、機能低下が生じるため、保冷剤を入れた保冷搬送容器で搬送した。
  • 4.病棟では、「照射赤血球濃厚液(RCC)」は一般用冷蔵庫へ、「新鮮凍結血漿(FFP)」は一般用冷凍庫へ分けて収納した。
今日のクイズに挑戦!