看護用語辞典 ナースpedia キーワード:起立性低血圧

起立性低血圧とは・・・

最終更新日 2018/02/22

起立性低血圧(きりつせいていけつあつ、orthostatic hypotension)とは、臥位から立位に体位変換をしたときに、重力の影響で下半身に循環血液が偏在した結果、収縮期血圧が20mmHgもしくは拡張期血圧が10mmHg以上低下することである。

起立性低血圧の検査では、立位になる前に少なくとも5分以上臥位を保ってもらい、立位になった後3分以内に立位のまま血圧を測定することにより診断する。5分以降に症状を呈する場合には、経時的に5分後以降に測定することもある。

【症状】
起立性低血圧による症状は、主に低血圧に伴う脳の血液循環低下により引き起こされる症状であり、例えば全身脱力感、めまい、眼前暗黒感、前失神・失神などが含まれる。

【原因】
起立性低血圧の原因には、主に自律神経障害、循環血症量減少、薬剤性、加齢によるものが考えられる。心拍数の増加を伴わない起立性低血圧は神経障害由来、心拍数の増加が顕著な場合は循環血液量の減少を疑う。
自律神経障害には、パーキンソン病・パーキンソン症候群などの神経変性疾患によるものから、糖尿病などによる末梢神経障害によるものまで含まれる。また、循環血漿量減少では、脱水、出血性疾患(血便・黒色便などの問診が重要となる)、あるいは利尿剤による影響などが含まれる。薬剤性では降圧薬によるものが多いが、それ以外にも抗うつ剤・前立腺肥大に対する薬剤など一般的に処方されている薬剤が原因になることもあり、注意が必要である。

【治療】
対処可能な原因が明らかな場合、あるいは疑わしい原因がある場合には、まず原因の除去が基本となる(脱水の改善、原因薬剤の中止・減量や変更など)。原因が不明あるいは対処が困難な場合は、生活指導(急に立ち上がらない、適切な水分・塩分の摂取、転倒に注意する、弾性ストッキングの装着)などの非薬物療法から始める。それでも症状が続く場合には、内服加療(交感神経賦活薬、鉱質コルチコイドなど)が考慮される。

執筆

松岡由典

京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻 医療疫学分野

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

デキる新人担当はつらいよ|マンガ・病院珍百景

プリセプティが優秀だったときのプレッシャーといったら…!! [ 記事を読む ]

新人ナース必見!輸液の基礎知識

「腎機能不明時や緊急時に使われるのは●号液」●に入る数字、わかる? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1323
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1199
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1123
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1095
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
1002
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
861
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日

[日勤中]たくさん歩いて頑張った大賞!

投票数:
244
実施期間:
2019年07月23日 2019年08月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2705

急性心筋梗塞でこれからカテーテル治療を行う患者さん。救急外来受診時、12誘導心電図では右側胸部誘導でV4RのST上昇がありました。血圧は80/48mmHgです。以下のうち、看護師のあなたがカテーテル室で最も先に準備しておくべき薬剤はどれでしょうか?

  • 1.塩酸モルヒネ
  • 2.細胞外液
  • 3.ニトログリセリン
  • 4.フロセミド
今日のクイズに挑戦!