看護用語辞典 ナースpedia キーワード:側頭動脈炎

側頭動脈炎とは・・・

最終更新日 2018/05/15

側頭動脈炎(そくとうどうみゃくえん、temporal arteritis〈TA〉)とは、大血管を主体とした血管炎である。大動脈と主要分岐動脈に病変を呈するが、特に外頸動脈に頻度が高いため側頭動脈炎と呼ばれてきた。現在は巨細胞性血管炎(giant cell arteritis〈GCA〉)に呼称が統一されている。

【概要】
血管壁に炎症を起こす疾患を血管炎といい、侵される血管の太さにより大型血管炎・中型血管炎・小型血管炎の3種類に分類される。巨細胞性血管炎は大型血管炎に分類されており、大動脈とその主要な分岐動脈に巨細胞を伴う肉芽腫性血管炎を呈するのが特徴である。疫学的には高齢者に好発する。人種・遺伝的要因・地理的な偏りが知られており、本邦では少ない。

【症状】
症状は血管炎による全身症状と、各血管の炎症や虚血による症状に分けられる。血管炎による全身症状は、発熱・体重減少・易疲労感・関節痛・症候性貧血等である。各血管の炎症や虚血による症状は侵される血管ごとに特徴的な症状を呈する。外頚動脈病変では局所的頭痛、側頭動脈の腫脹・圧痛・拍動低下、顎跛行、下顎痛などを認める。内頚動脈病変では眼動脈が侵されれば虚血性視神経症・視力低下・失明を認め、脳動脈が侵されれば脳梗塞も呈する。鎖骨下動脈病変では上肢痛や盗血現象、大動脈病変では大動脈瘤大動脈解離、冠動脈病変では狭心症心筋梗塞などの症状を認める。
また、リウマチ性多発筋痛症を高頻度に合併するため両疾患は近似した疾患と考えられている。巨細胞性血管炎の約40%にリウマチ性多発筋痛症を合併し、リウマチ性多発筋痛症の約15%に巨細胞性血管炎を合併する。

【治療】
治療はステロイドが中心となるが、失明のリスクがある場合はプレドニゾロン大量療法を行う。ステロイド抵抗性の場合や、ステロイド漸減に伴い再燃する場合はメトトレキサート
等の免疫抑制剤併用を検討する。

執筆

井上 彰

明石医療センター 救急科医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

思い残し|マンガ・ぴんとこなーす【253】

看護師として働く中で、ナスさんが思うこと。 [ 記事を読む ]

「水泡音」ってどんな音?

肺炎患者さんの聴診音「水泡音」を実際に聞いて確認! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1374
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1252
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1127
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1022
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
831
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
506
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4104

◆リハビリテーションの問題◆FIMの評価項目に含まれないのはどれでしょうか?

  • 1.掃除
  • 2.整容
  • 3.社会的交流
  • 4.階段昇降
今日のクイズに挑戦!