看護用語辞典 ナースpedia キーワード:脳梗塞

脳梗塞とは・・・

最終更新日 2018/01/25

脳梗塞(のうこうそく・CI・cerebral infarction)とは、脳動脈の狭窄や閉塞により灌流域の虚血が起こり、脳組織が壊死に陥る疾患である。障害部位によりさまざまな局所所見をきたし、片麻痺や感覚障害、構音障害、失語、失認などの皮質症状や意識障害が見られる。

脳梗塞は、脳血管疾患死亡数の半数以上を占める。2016年の国民生活基礎調査によると、脳血管疾患は高齢者の寝たきり(要介護5)の原因の第1位である。

【臨床病型】
アテローム血栓性脳梗塞(34%)
・比較的大きな脳動脈のアテローム硬化による狭窄・閉塞で生じる

心原性脳梗塞(27%)
心臓内血栓や心臓を経由する塞栓子による脳動脈の閉塞で生じる

ラクナ梗塞(32%)
・細い穿通枝の閉塞で生じる

急性期では、頭部CT画像は正常なことが多く、広範な脳梗塞では発症数時間以内にearly CT sign(レンズ核陰影の不明瞭化、島皮質の不明瞭化、皮質・髄質境界の不明瞭化、脳溝の消失、hyperdense MCA signなど)と呼ばれる所見が見られることがある。発症24時間以降は低吸収域となる。頭部 MRI拡散強調画像が、超急性期から高信号となるため早期発見に有効である。

【治療】
治療は最終無事確認を行い、発症4.5時間以内であれば、適応基準に従ってrt-PA(recombinant tissue-type plasminogen activator:遺伝子組み換え組織プラスミノーゲンアクチベーター)を、発症6時間以内なら血管内治療を考慮する。その他、急性期の治療薬として、脳保護療法(エダラボン)や抗血小板療法(オザグレルナトリウム、アスピリンなど)、抗凝固療法(アルガトロバン)などあげられる。

慢性期には、再発予防のために、高血圧糖尿病脂質異常症禁煙といった危険因子の管理や、抗血栓療法(アテローム性脳梗塞やラクナ梗塞には抗血小板療法、心原性には抗凝固療法)、外科的治療(内頸動脈内膜剥離術、内頸動脈ステント留置など)が行われる。また合併症や後遺症の軽減のためリハビリテーションが進められる。

執筆

神谷侑画

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター副医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1351
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1252
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1105
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1075
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
923
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
714
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者293

◆呼吸器の問題◆緊張性気胸には表れにくい身体所見はどれでしょうか?

  • 1.気管偏位
  • 2.奇異呼吸
  • 3.頸静脈怒張
  • 4.皮下気腫
今日のクイズに挑戦!