看護用語辞典 ナースpedia キーワード:大動脈瘤

大動脈瘤とは・・・

最終更新日 2017/12/22

動脈瘤(だいどうみゃくりゅう、aortic aneurysm)とは大動脈壁の一部の全周ないしは局所が拡張した状態である。

横隔膜の高さの上下のどちらにあるかで胸部大動脈瘤と腹部大動脈瘤と名称が変化する。一般的に胸部大動脈の正常径は3cm、腹部大動脈は2cmであり、それらの径の1.5倍以上に拡張したものを大動脈瘤と呼ぶ。

一般的に無症候であるが、瘤径の拡大により、それぞれの部位に応じた症状が出現する。胸部大動脈瘤では反回神経障害による嗄声が認められる場合がある。腹部大動脈瘤は腹部正中の拍動性腫瘤などとして触知され、著明に拡大すると目視にても拍動を確認できることがある。単純レントゲン、超音波やCTにより発見されることが多い。

瘤径が著明に拡大ないしは急激に拡大する場合は大動脈瘤破裂をきたし、死に至る可能性が極めて高い。そのため、手術適応となるまでは定期的かつ慎重な画像検査でのフォローアップが必要となる。また、瘤拡大を抑制するため、外来にて厳格な降圧療法が推奨されている。

万が一、拡大傾向にある場合は破裂による死亡を回避するために手術療法が行われる。現在では、解剖学的特徴に応じて外科的治療ないしはカテーテル治療が選択される。

執筆

森山典晃

湘南鎌倉病院 循環器科

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 大動脈瘤に関するQ&A[07/05up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「大動脈瘤」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 1.大動脈瘤ってどんな病気? 2.なぜ動脈... [ 記事を読む ]

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1376
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1274
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1121
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1098
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
969
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
797
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1222

◆移乗時の問題◆手術が終了した患者さんを手術台からストレッチャーに移乗させる際のライン類の扱いで正しいものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.スタッフが各自でドレーンや点滴を確認して移乗させる。
  • 2.患者さんが麻酔から十分に覚醒していない場合は、ストレッチャーへ移乗させてからドレーン類を整理する。
  • 3.術後は術者や看護師がラインを確認しているため、移乗時にはラインのたるみがないよう、ライン類が伸展してしっかり固定してあるかの確認をする。
  • 4.患者さんに挿入されているライン類はたるみや引っ掛かりがないかを移乗前に確認し、スタッフで共有してからリーダーの声掛けで移乗させる。
今日のクイズに挑戦!