看護用語辞典 ナースpedia キーワード:基準値

基準値とは・・・

最終更新日 2019/03/01

基準値(きじゅんち、reference value)とは、検査において基準となる値のことである。基準範囲とも言われている。

【成り立ち】
以前は「正常値」・「正常範囲」という用語が使われていたが、「正常値」という表現であるとその値の範囲にあれば正常であって病気がないと考えられ得ること、逆にその値の範囲から外れると『異常』であると認識され得る可能性があることから、表現が妥当でないと考えられ、「基準値」という用語が新たに採用された。その後、検査値の基準となり得る値はある一定の幅があることから、「基準範囲」(reference interval)という言葉が国際的に使用される用語となった。

【種類】
■一般的な設定

基準範囲の一般的な設定方法としては、健常者でかつ運動ストレス、食事、飲酒、喫煙などの変動因子が許容限度内の個体(基準個体)から得られた検体で測定し、その測定値の分布曲線から、「平均値±2×標準偏差」(中央値を含む95.5%が含まれる)の範囲を基準範囲とする。これは、95%信頼区間に相当する。しかし、各団体・施設などで基準範囲の設定方法、すなわち、対象健常者(基準個体)の選定基準、検査方法、計算方法などが異なるなどの問題がある。

■共用基準範囲
2014年に日本臨床検査標準協議会(JCCLS)より日本臨床検査医学会、日本臨床化学会、日本臨床衛生検査技師会、日本検査血液学会の共同で、一般的な臨床検査40項目の基準範囲が「共用基準範囲」として公開された。これらの基準範囲は、国際臨床化学連合と同様の健常者の選定基準、採血条件などを用いた大規模な3調査のデータを統合して作成された。

■臨床判断値
健常者を対象とした基準値・基準範囲とは異なる基準値も存在する。これは疫学研究から疾患の診断、治療、予防の判定のために用いられるものとして、各専門学会から公表されている「臨床判断値」である。例えば、日本動脈硬化学会は脂質異常症診断基準(LDLコレステロール140mg/dL以上、HDLコレステロール40mg/dL未満、トリグリセライド150mg/dL以上など)を設定している。

 

引用参考文献
1)河合忠.異常値の出るメカニズム.医学書院,7版,2018,279-281.(ISBN9784260032407)

執筆

浅香葉子

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター 副医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

「白衣の戦士!」で学ぶ癒着性腸閉塞の治療とケア

この春始まった新ドラマを題材に、ナースに必要な医学知識を楽しく解説! [ 記事を読む ]

JCSっていつ、どんなときに使うの?

患者さんを見て、すぐに「JCS●点!」って評価できますか? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師の仕事は好きですか?

投票数:
1322
実施期間:
2019年04月05日 2019年04月26日

腰が痛くて困ったことはありますか?

投票数:
850
実施期間:
2019年04月12日 2019年05月03日

職場の飲み会でお酌しますか?

投票数:
841
実施期間:
2019年04月16日 2019年05月07日

【転職経験者さん限定】前の病院と違っていて驚いたことありますか?

投票数:
253
実施期間:
2019年04月19日 2019年05月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3200

糖尿病の検査法の一つに経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)があります。この検査で用いられる糖の負荷量は何gでしょうか?

  • 1.15g
  • 2.45g
  • 3.75g
  • 4.105g
今日のクイズに挑戦!