看護用語辞典 ナースpedia キーワード:喘息

喘息とは・・・

最終更新日 2018/03/29

喘息(ぜんそく、asthma)とは、慢性の気道炎症、可逆性の気道狭窄、気道過敏性の亢進が主病態としてあり、発作時には咳嗽(がいそう)、喘鳴(ぜんめい)、呼吸困難などを認める疾患である。

【病態】

感染やアレルゲンにさらされることで気道粘膜の炎症細胞からさまざまなサイトカインが放出され、気道粘膜や気道平滑筋の炎症が生じる。炎症に対する反応は急性の反応と慢性の反応がある。

炎症に対する急性反応として、気道粘膜はむくみ、粘液の分泌が亢進する。また、気道平滑筋は炎症により収縮する。急性反応の結果、気道狭窄や閉塞が生じて、いわゆる「喘息発作」の症状が引き起こされる。この反応は可逆的であり、炎症が治まれば気道狭窄は改善する。

一方、炎症に対する慢性反応として、気道粘膜の線維化や粘膜下腺細胞が増生し、平滑筋も肥厚する。これらの慢性反応は気道のリモデリング(気道壁の肥厚により気管支内腔が狭くなる現象)を引き起こし、気道狭窄が進行する。それと同時に気道過敏性も亢進するため、刺激に対して急性反応を起こしやすくなる。気道のリモデリングや気道過敏性の亢進は急性反応とは異なり不可逆であり、しかも症状がない時にも進行し、急性反応、つまり喘息発作が生じやすくなっていく。

【症状】

咳嗽(がいそう)、喘鳴(ぜんめい)、呼吸困難などを認める。このような症状は発作時にみられ、非発作時にはほとんどみられない。発作の誘因(トリガー)としては、気道感染、タバコ、ハウスダスト、気温や湿度の変化、運動ストレスなどさまざまなものがある。一度発作を起こすと、咳嗽、呼吸困難、喘鳴を認める。

【治療】

喘息の治療は、発作時の治療と非発作時の治療の二つが大切である。

発作時の治療は気道の拡張と気道粘膜の炎症を抑制することが重要である。発作の重症度は、SpO2の値や喘鳴の程度、会話がどの程度できるか、聴診所見などにより分類され、それに応じた治療を行う。治療の軸となるのは短時間作用型β2刺激薬の吸入で、これにより気管の拡張を図る。重症になればそれとともに、ステロイドの全身投与(内服あるいは点滴)を行い、気道粘膜の炎症を抑える。低酸素血症がある場合は酸素吸入も行う。最重症の場合は、エピネフリンの筋肉注射と皮下注射も行われ、気管挿管を要することもある。

非発作時の治療目的は、発作予防と炎症に対する気道の慢性反応進行を抑制することである。発作頻度やピークフロー値により、重症度が分類され、それにより使用される薬剤が選択される。治療の軸となるのは吸入ステロイド薬で、これに長時間作用型β2刺激薬や抗ロイコトリエン受容体拮抗薬、テオフィリン徐放薬が併用される。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

ベテラン看護師の態度にモヤモヤ

「とあるベテラン看護師と険悪ムードでつらい…」というお悩み。あなたならどうする? [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1330
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1253
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
1151
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
1165
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
883
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日

勝手に命名選手権!

投票数:
608
実施期間:
2019年12月13日 2020年01月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者531

◆せん妄の問題◆以下の症例の中でせん妄を発症していると推察できるものはどれでしょうか?

  • 1.88歳女性、頭部外傷にて入院中の患者さん。入院時、CTにて器質的変化を認め、手術不適応とされた。意識レベルは昏睡であり、刺激すると除脳硬直が起こります。
  • 2.35歳男性、15歳より統合失調症にて外来治療中の患者さん。薬の自己休薬により幻覚・妄想が強くなったため入院。幻覚や妄想はあるが、他者との日常的なあいさつや、感謝を示すなど対人面の問題はない。
  • 3.77歳女性。財布をしまった場所や通院日を間違えたりなど、物忘れがひどくなっているため、来院した。
  • 4.88歳女性、肺がんにて外来治療中の患者さん。3日前より発熱を認め、肺炎にて入院した。夜間不眠の訴えあり、睡眠薬を内服した。その後より「家に帰らなきゃ」と、落ち着かない様子で荷物の整理を始めた。
今日のクイズに挑戦!