看護用語辞典 ナースpedia キーワード:咳嗽

咳嗽とは・・・

最終更新日 2018/02/26

嗽(がいそう、cough)とは、気道内に貯留した分泌物や異物を気道外に排除するための生体防御反応のことである。

【メカニズム】
咳嗽反射は、気道壁表層の咳受容体の刺激が迷走神経を介して、延髄の咳中枢に伝達されて惹起される。
咳嗽反射のメカニズムは下記3つのフェーズからなる。
吸気相:短い吸気が起こる。
加圧相:声門閉鎖と同時に胸部と腹部の呼気筋が収縮し、胸腔内圧が上昇する。
呼気相:声門が開いて強い空気の流れとともに気道内容物が押し出される。

【分類】
咳嗽は、持続期間による分類と、咳嗽の性状による分類がある。
■持続期間による分類
持続期間による分類では、3週間未満の急性咳嗽、3週間 以上8週間未満の遷延性咳嗽、8週間以上の慢性咳嗽に分類される。持続時間により、咳嗽の原因疾患がある程度推定できる。急性咳嗽の原因の多くは感冒を含む気道の感染症であり、持続期間が長くなるにつれ感染症の頻度は低下する。慢性咳嗽においては感染症そのものが原因となることはまれである。
■性状による分類
咳嗽の性状による分類では、喀痰を伴わないか少量の粘液性喀痰のみを伴う乾性咳嗽と、咳嗽のたびに喀痰を伴う湿性咳嗽とに分類される。乾性咳嗽の治療対象が咳嗽そのものであるのに対して、湿性咳嗽の治療対象は気道の過分泌の原因となる疾患である。

執筆

井上彰

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター 副医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

禁断の呪文

夜勤終わり、ついつい唱えてしまう禁断の呪文とは? [ 記事を読む ]

PEGカテーテルの交換

PEGカテーテル交換時には腹腔内誤挿入に注意が必要です。ナースが知っておきたい介助・観察ポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「師長自慢」ありますか?

投票数:
819
実施期間:
2018年07月20日 2018年08月17日

患者さんが亡くなってしまったとき、心をどんなふうにケアしてる?

投票数:
797
実施期間:
2018年07月24日 2018年08月21日

「モンスター患者」いますか?

投票数:
717
実施期間:
2018年07月31日 2018年08月21日

今年の猛暑、勤務中に困ったことは?

投票数:
975
実施期間:
2018年08月03日 2018年08月24日

「これで救急車呼んだの?!」な患者さん、経験ある?

投票数:
707
実施期間:
2018年08月02日 2018年08月24日

「これじゃ寝られない…」ヤバい仮眠室おしえて! 

投票数:
728
実施期間:
2018年08月10日 2018年08月31日

あなたの周りの最短退職者の記録教えて!

投票数:
501
実施期間:
2018年08月14日 2018年09月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4141

末梢静脈から抗がん剤を投与する際、注意することとして間違っているのは、以下のうちどれでしょうか?

  • 1.放射線治療を受けた部位の穿刺は避ける。
  • 2.利き手への穿刺は避ける。
  • 3.抗がん剤投与を繰り返している部位への穿刺は避ける。
  • 4.血管が見えている部位であれば、どこを穿刺しても構わない。
今日のクイズに挑戦!