看護用語辞典 ナースpedia キーワード:喘鳴

喘鳴とは・・・

最終更新日 2018/01/09

喘鳴(ぜんめい)とは、聴診器を用いなくても聴取できる異常な呼吸音のことである。

狭窄した気道を通過する空気によって生じる振動で発生する。胸郭内の病変では呼気時に聴取されることが多く、胸郭外の病変では吸気時に聴取され、stridorと呼ぶ。

聴診器を使って聴取される異常呼吸音を含めて、副雑音ラ音(rale)と呼ぶ。また、ラ音の種類により疾患が予想できる。

連続性の高い音(ヒューヒュー、ピーピー)はwheezesと呼び、末梢の細い気道に狭窄が生じる気管支喘息や心不全、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪の際に聴取される。連続性の低い音(グーグー、ボーボー)はrhonchusと呼び、中枢の太い気道に狭窄が生じる気管支炎などの際に聴取される。

気道に貯留した分泌物によって生じる粗い断続性の音(ブツブツ)はcoarse crackleと呼び、肺炎や気管支拡張症の際に聴取される。

線維化した肺胞が膨らむ際に生じる細かい断続性の音(パチパチ、ベリベリ)はfine cracleや捻髪音、Velcroラ音(マジックテープを剥がす時の音に似ている)と呼び、間質性肺炎で線維化を認める場合に聴取される。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

新人ナース必見!持っておきたいナースグッズ12選

「とりあえずこれだけ持っとけば大丈夫!」現役看護師厳選のグッズを徹底解説! [ 記事を読む ]

心電図のキホン、ここだけはおさえておこう!

基準値、異常な波形いろいろ、心電図実施時のポイントなどをコンパクトに解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「新人だった頃の私」に言いたいことは?

投票数:
1231
実施期間:
2020年03月17日 2020年04月07日

実習中の看護技術、どれに苦労した?

投票数:
2825
実施期間:
2020年03月20日 2020年04月10日

1日がかりの院外セミナー。ランチは何がベスト?

投票数:
1110
実施期間:
2020年03月24日 2020年04月14日

【エイプリルフール】人生最大級の「嘘」おしえて!

投票数:
1014
実施期間:
2020年03月27日 2020年04月17日

めちゃくちゃ疲れたときの「自分へのご褒美」ある?

投票数:
864
実施期間:
2020年03月31日 2020年04月21日

ついつい職業病が出ちゃうときってどんなとき?

投票数:
542
実施期間:
2020年04月03日 2020年04月24日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5920

◆浮腫の問題◆浮腫について正しい説明はどれでしょうか?

  • 1.すべての浮腫の患者さんに水分管理が優先される。
  • 2.浮腫の観察は下肢以外では行わない。
  • 3.浮腫による皮膚トラブル予防には保湿剤の塗布を行う。
  • 4.浮腫の触診は骨のない柔らかい部分が最適である。
今日のクイズに挑戦!