看護用語辞典 ナースpedia キーワード:喘鳴

喘鳴とは・・・

最終更新日 2018/01/09

喘鳴(ぜんめい)とは、聴診器を用いなくても聴取できる異常な呼吸音のことである。

狭窄した気道を通過する空気によって生じる振動で発生する。胸郭内の病変では呼気時に聴取されることが多く、胸郭外の病変では吸気時に聴取され、stridorと呼ぶ。

聴診器を使って聴取される異常呼吸音を含めて、副雑音ラ音(rale)と呼ぶ。また、ラ音の種類により疾患が予想できる。

連続性の高い音(ヒューヒュー、ピーピー)はwheezesと呼び、末梢の細い気道に狭窄が生じる気管支喘息や心不全、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪の際に聴取される。連続性の低い音(グーグー、ボーボー)はrhonchusと呼び、中枢の太い気道に狭窄が生じる気管支炎などの際に聴取される。

気道に貯留した分泌物によって生じる粗い断続性の音(ブツブツ)はcoarse crackleと呼び、肺炎や気管支拡張症の際に聴取される。

線維化した肺胞が膨らむ際に生じる細かい断続性の音(パチパチ、ベリベリ)はfine cracleや捻髪音、Velcroラ音(マジックテープを剥がす時の音に似ている)と呼び、間質性肺炎で線維化を認める場合に聴取される。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

看護roo!サロンで同年代ナースとおしゃべり♪

「他の病院はどうなんだろ?」そんな疑問もお互い話せるチャンス♡ [ 記事を読む ]

血圧測定のときに注意するべきことは?

血圧測定はナースにとってキホンの仕事。だからこそ注意しておきたいポイントを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院で好きな場所はどこ?

投票数:
1300
実施期間:
2019年05月03日 2019年05月24日

自分が描いていた理想の看護師になれている?

投票数:
1112
実施期間:
2019年05月10日 2019年05月31日

【新人限定】「配属先、いつ決まった?」

投票数:
768
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月04日

ケアの優先順位(多重課題)で困った経験はある?

投票数:
989
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月05日

看護書や医学書で見かける表現で「これどういう意味?」なものある?

投票数:
947
実施期間:
2019年05月17日 2019年06月07日

伸び悩んでる新人、どうやって褒めてる?

投票数:
633
実施期間:
2019年05月21日 2019年06月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者209

90歳代男性、脳血管障害で加療後、肺炎で入院しました。自力で体位変換できず、看護師による体位変換をしています。栄養は経鼻経管栄養です。あなたは、この患者さんの保清中に上腕の皮膚裂傷を発見しました。この患者さんに適していないケアは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.皮膚裂傷を生じているため、皮膚・排泄ケア認定看護師に相談をし、創傷処置を一緒に行う。
  • 2.創傷ケアを行い、体位変換時は四肢を支えながら行った。
  • 3.スキンケアを見直し、皮膚の保湿を重点的に行った。
  • 4.患者さんの栄養について管理栄養士に相談した。
今日のクイズに挑戦!