2015年06月19日

肩の屈曲(他動)|関節可動域訓練(10)


【監修】

祐生会みどりヶ丘病院 整形外科
医師 成田 渉 

 

公立南丹病院 看護部

監修者・監修病院についての詳細

 

関節可動域訓練~肩の屈曲(他動)~

(1)患者さんに仰臥位になってもらう

(2)腕をまっすぐにのばし、ベッドの上に置く

(3)看護師は患者さんの肩関節と前腕を下から支えるように保持する

(4)そのまま腕を患者さんの頭上までまっすぐに上げる

(5)ゆっくりと元にもどす

(6)この動きをくりかえす

■ポイント■

麻痺がある患者さんの場合などは、脱臼しやすくなっている

⇒肩関節を支えながら腕を上げるようにする

■ポイント■

腕を上げる際に、ねじれて外側に向いてしまうと肩関節にねじれ脱臼を起こす可能性あり

⇒安全のためにも、腕をまっすぐに持ち上げるように動かすことを徹底する

いちおし記事

新人ナースのインシデント。プリセプターの効果的な対応法は?

秋はインシデント増加の時期。再発を防止できる振り返りとは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

最近の新人教育の方針は?

投票数:
887
実施期間:
2018年09月04日 2018年09月25日

休憩時間とれてる?

投票数:
822
実施期間:
2018年09月11日 2018年10月02日

寿退職したい? したくない?

投票数:
704
実施期間:
2018年09月18日 2018年10月09日

現金100万円、一度で使い切るなら何に使う?

投票数:
199
実施期間:
2018年09月25日 2018年10月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2866

気管挿管時に声門の全体像が見えにくい場合、介助者が行うBURP法。このBURP法はそれぞれ何の頭文字をとったものか、以下の中で間違っているものはどれでしょうか?

  • 1.Backward:後方
  • 2.Upward:頭側
  • 3.Ring:輪状
  • 4.Pressure:押す
今日のクイズに挑戦!