肘の屈曲と伸展(他動) | 関節可動域訓練【6】

【監修】

祐生会みどりヶ丘病院 整形外科
医師 成田 渉 

 

公立南丹病院 看護部

 

関節可動域訓練~肘の屈曲と伸展(他動)~

(1)ベッドに患者さんの腕を置き、一方の手で肘関節を支え、もう一方の手で手首から下を支える

(2)患者さんの肩に、手のひらが触れるまでひじを曲げ、ゆっくり元にもどす

 (3)この動きを繰りかえす

■ポイント■

もし、肘関節を伸展する際に肩が上がる場合は、肩の下にバスタオルなどを敷き、肩を軽くおさえるようにするとよい

⇒不要な動きをおさえることができ、また効果的な訓練をおこなうことができる

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ