股関節の外転と内転 | 関節可動域訓練【24】

【監修】

祐生会みどりヶ丘病院 整形外科
医師 成田 渉 

 

公立南丹病院 看護部

 

関節可動域訓練~股関節の外転と内転2(自動)~

(1)患者さんには仰臥位になってもらう

(2)看護師は、一方の手でかかとを下から保持する

(3)もう一方の手で、患者さんのひざの裏を保持する

(4)この状態で、つま先が真上を向くようにする

(5)下肢全体を看護師側に引きつけて外転させ、元の位置にもどす

(6)もう一方の脚へ向けて動かし内転させ、元にもどす

(7)この動きをくりかえす

■ポイント■

内転・外転の動きのとき、かかとを浮かせると、股関節がねじれ脱臼する恐れあり

⇒かならずベッド面に沿って動かすようにする

踵は浮かさず、ベッド面に沿って動かす

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ