1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 聴診スキル講座

2016年03月11日

総目次:聴診スキル講座

聴診スキル講座

 

はじめに

学校でも詳しく教えてもらえない聴診について、聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説します。
『聴診スキル講座』の大きな特徴は、実際の疾患の聴診音が聴ける点です。また、解説も文章だけでなく、写真やイラストを多用し、わかりやすく紹介しています。

構成は、聴診器の使い方から呼吸器の構造や聴診音を解説した【基礎編】と、疾患の解説や筆者が臨床で遭遇した症例の聴診音を解説した【実践編】、そして知っておくと役立つ知識の【コラム】、これら3部に分かれています。
看護師としてキャリアの浅い方は、まずは【基礎編】から読んでみてください。仕事に慣れてきた方や、十分なキャリアを積まれている方は、【実践編】を読んでみてください。

これを読み、これを聴けば、聴診がよくわかる! 呼吸器科だけでなく、すべての科の看護師が必読・必聴です。

 

皿谷 健
(杏林大学医学部付属病院呼吸器内科講師)

 

総目次

基礎編

 

実践編

肺炎(市中肺炎)

気管支拡張症

慢性閉塞性疾患(COPD)

気管支喘息

好酸球性肺炎

過敏性肺炎

薬剤性肺炎

間質性肺炎

肺癌

胸膜疾患

胸水

びまん性汎細気管支炎(DPB)

原発性線毛機能不全症候群

 

コラム

 

*聴診音は、筆者が実際の症例で収録したものです。そのため、一部で雑音も入っています。


[執筆者]
皿谷 健
杏林大学医学部付属病院呼吸器内科講師

[監 修](50音順)
喜舎場朝雄
沖縄県立中部病院呼吸器内科部長

工藤翔二
公益財団法人結核予防会理事長、日本医科大学名誉教授、肺音(呼吸音)研究会会長

滝澤 始
杏林大学医学部付属病院呼吸器内科教授

(敬称略)


Illustration:田中博志

Photo:kuma*


[協 力]
翼工業株式会社

株式会社JVCケンウッド


著作権について

この連載

  • 気道と肺の構造|基礎編(3) [03/29up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説します。 構成は、聴診器の使い方から呼吸器の構造を解説した【基礎編】と、疾患の解説と筆者が臨床で遭遇した症例の聴診音を解説した【実践編】の2部に... [ 記事を読む ]

  • 聴診器の使い方|基礎編(2) [03/22up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説します。 構成は、聴診器の使い方から呼吸器の構造を解説した【基礎編】と、疾患の解説と筆者が臨床で遭遇した症例の聴診音を解説した【実践編】の2部に... [ 記事を読む ]

  • 聴診器の仕組み|基礎編(1) [03/11up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説します。 構成は、聴診器の使い方から呼吸器の構造を解説した【基礎編】と、疾患の解説と筆者が臨床で遭遇した症例の聴診音を解説した【実践編】の2部に... [ 記事を読む ]

  • 呼吸音の分析に役立つ聴診アプリ [06/28up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 ここでは、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第1話は... [ 記事を読む ]

  • 総目次:聴診スキル講座 [03/11up]

      はじめに 学校でも詳しく教えてもらえない聴診について、聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説します。 『聴診スキル講座』の大きな特徴は、実際の疾患の聴診音が聴...

もっと見る

関連記事

いちおし記事

1年ぶりの育休復帰は問題山積み!

同僚は歓迎ムードでも、師長の反応は厳しく…。 [ 記事を読む ]

国立感染症研究所が広域で麻しん患者発生の注意喚起を発表しました。

きちんと麻しん患者さんの対応法を知っておきましょう。 [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

ドラマの決めゼリフ、言ってみたいのはどれ?

投票数:
725
実施期間:
2017年09月26日 2017年10月17日

仕事での調べ物、何が一番多い?

投票数:
774
実施期間:
2017年09月29日 2017年10月20日

EPA外国人看護師と協働したことある?

投票数:
567
実施期間:
2017年10月03日 2017年10月24日

あなたの通勤方法は?

投票数:
655
実施期間:
2017年10月06日 2017年10月27日

今年のハロウィンの予定は?

投票数:
536
実施期間:
2017年10月10日 2017年10月31日

退院調整看護師と協働したことある?

投票数:
430
実施期間:
2017年10月13日 2017年11月03日

自分が服用するなら、先発医薬品?後発医薬品?

投票数:
119
実施期間:
2017年10月17日 2017年11月07日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1868

78歳女性、頭痛を訴えて来院しました。急激な頭痛で、前頭部の痛みと嘔気があります。バイタルサインは血圧190/110mmHg、脈拍80回/分、体温36.2℃、SpO298%、呼吸回数25回/分です。あなたはどのような疾患を考えて、どのように対応しますか?以下の中から、対応に誤りのあるものを選んでください。

  • 1.脳血管障害を考えて、すぐに医師に頭部CT検査を行うかを確認し、降圧薬の指示をもらう。
  • 2.急性緑内障発作を考えて、散瞳の有無を確認する。
  • 3.急性副鼻腔炎を考えて、鼻汁・鼻閉の有無を確認する。
  • 4.帯状疱疹を考えて、周りの患者さんに感染させないように、人目につかない個室へ案内する。
今日のクイズに挑戦!