聴診器の仕組み|基礎編(1)

聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説します。
構成は、聴診器の使い方から呼吸器の構造を解説した【基礎編】と、疾患の解説と筆者が臨床で遭遇した症例の聴診音を解説した【実践編】の2部に分かれています。基礎編は全8回にまとめましたので、初学者はまずはここからスタートしてください。

 

第1回目は、「聴診器の仕組み」についてのお話です。

 

皿谷 健
(杏林大学医学部付属病院呼吸器内科准教授)

 

普段、外来や病棟で患者さんに聴診器を使っていると思うけど、聴診器はちゃんと使いこなせていますか?

 

はい。聴診って、音を聴けば良いだけだから簡単ですよね。
聴診器を使っていると、医療従事者って実感が湧きます。

 

とんでもない! 聴診はバイタルサインを確認する上でとても大切だし、聴診で気付く病気もあるぐらい重要な医療行為なんですよ。

 

え! そんなに大事なことだったんですか!?

 

学校ではあんまり習わないからわからないかもね。
でも、臨床現場ではとても大切なことだから、一人前の看護師になるためには、ちゃんとマスターして欲しいですね。
まずは、聴診器の基本的な仕組みから見ていきましょう。

 

〈目次〉

 

聴診器の構造

聴診器は3つの部分からできている

聴診器は、患者さんの体内で発生する音を聴いて診察や、患者さんの状態を把握するための医療器具です。聴診器の構造は、チェストピース、チューブ(導管)、管部の3つの部分からできています(図1)。チューブが「太く」「硬い」もののほうが、雑音が入らず、呼吸音が伝わりやすくなります。

 

図1一般的な聴診器の構造

 

一般的な聴診器の構造

 

チェストピースにはベル型と膜型がある

チェストピースの形状には、ベル型(ベル面)と膜型(ダイヤフラム面)の2種類があり(図2図3)、形も全く違います。

 

図2チェストピースの形状の比較

 

チェストピースの形状の比較

 

図3チェストピースの内部構造

 

チェストピースの内部構造

 

ベル型の面では低音を、膜型の面では高音を聴取します。それぞれの面で聴取できる音が異なるため、聴取したい音に合わせて、使用する聴診器の面を選択しましょう。

 

 

聴診器の面の使い分け方

聴診器にはベル型と膜型の面がありますが、聴診したい部位によって使用する面を使い分ける必要があります。

 

呼吸音の聴診では膜型を使用する

呼吸音には正常音と異常音(ラ音)がありますが、呼吸音を聴診する場合は、聴診器の膜型を使用します。高齢で痩せている患者さんには、チェストピースが大きすぎて胸壁にフィットしない場合がありますが、その場合には小児用の小さな聴診器を使用すると良いでしょう。

 

心音の聴診では膜型とベル型を使い分ける

心音を聴診する場合は、聴診器の膜型でⅠ音とII音を、ベル型で低調性雑音の過剰心音(III音、IV音)を聴取します。呼吸音の聴診では膜型しか使用しませんでしたが、心音の場合は膜型、ベル型ともに使用します。

 

memo技術的に進歩した電子聴診器

聴診器には、一般的な聴診器のほかに、電子聴診器と呼ばれるものもあります(図4)。なお、聴診の行い方は、聴診器が異なっても同じです。

 

図4筆者が使用している電子聴診器

 

筆者が使用している電子聴診器

 

機種によっては、液晶の表示があったり、BluetoothTMでパソコンとリアルタイムで聴診音のデータ通信が可能なものもあります。また、パソコン上で、聴診音を録音・保存・再生などもできます。

 

Check Point

  • 聴診器は体内の音を聴くための医療器具で、チェストピース、チューブ、耳管部の3つからできている。
  • 呼吸音を聴く際は、膜型のみを使用する。
  • 心音を聴く際は、Ⅰ音とⅡ音は膜型で、過剰心音(Ⅲ音・Ⅳ音など)はベル型を使用する。

 

[次回]

聴診器の使い方|基礎編(2)

 

 


[執筆者]
皿谷 健
杏林大学医学部付属病院呼吸器内科講師

 

[監 修](50音順)
喜舎場朝雄
沖縄県立中部病院呼吸器内科部長
工藤翔二
公益財団法人結核予防会理事長、日本医科大学名誉教授、肺音(呼吸音)研究会会長
滝澤 始
杏林大学医学部付属病院呼吸器内科教授

 


Illustration:田中博志

 

Photo:kuma*

 


協力:翼工業株式会社

 


SNSシェア

看護知識トップへ