看護用語辞典 ナースpedia キーワード:聴診器

聴診器とは・・・

最終更新日 2018/03/07

聴診器(ちょうしんき、stethoscope)とは、診察用具の一つで、患者の皮膚に当てて体内の音を聴き取るための道具である。主に呼吸音、心音などを聞くが、腸蠕動音(ちょうぜんどうおん)や血管雑音を聞くのに用いられることもある。ステトとも呼ばれる。

【構造】

患者に直接当てる部分(チェストピース)、チューブ、左右のに当てる耳管部分から構成される。チェストピースにはベル型と膜型があり、ベル型では低音を、膜型では高音を聴取できる。呼吸音は膜型で聴取し、心音は膜型とベル型の両方を使って聴取する。ベル型では低調性の心雑音(Ⅲ音、Ⅳ音、拡張期雑音など)が聴取できるが、強く当てすぎると膜型と同様に高音しか聞こえなくなるため、ベル型は軽く当てるようにする。

【歴史】

1816年にフランスの医師であるルネ・ラエンネックが発明した。当初は木でできた単純な構造であったが、改良を経て1967年にドイツの医師であるデイビット・リットマンにより現在の形の聴診器が開発された。ドイツ語では「ステトスコープ」という。現在では音を増幅し、聞こえやすくしたデジタル聴診器などもある。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 聴診器の仕組み|基礎編(1)[03/11up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説します。 構成は、聴診器の使い方から呼吸器の構造を解説した【基礎編】と、疾患の解説と筆者が臨床で遭遇した症例の聴診音を解説した【実践編】の2部に... [ 記事を読む ]

  • 聴診器の使い方|基礎編(2)[03/22up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説します。 構成は、聴診器の使い方から呼吸器の構造を解説した【基礎編】と、疾患の解説と筆者が臨床で遭遇した症例の聴診音を解説した【実践編】の2部に... [ 記事を読む ]

  • 聴診器を当てるべき場所(疾患別)|基礎編(8)[05/10up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説します。 構成は、聴診器の使い方から呼吸器の構造を解説した【基礎編】と、疾患の解説と筆者が臨床で遭遇した症例の聴診音を解説した【実践編】の2部に... [ 記事を読む ]

  • 聴診器が医師の命を救った!? 聴診器がもたらした200年[12/13up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第6話は、... [ 記事を読む ]

  • 小児用聴診器を成人患者さんに使用する意外な活用法[03/21up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第9話は、... [ 記事を読む ]

いちおし記事

「ドクターX」に学ぶ肺塞栓症とパンコースト型肺がん

人気ドラマ「ドクターX」を題材に、医療知識をたのしく学ぶ! [ 記事を読む ]

摘便のコツは?体位や禁忌など注意点は?

摘便のコツや注意点をイラストでわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1385
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1267
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1171
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
1065
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
954
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日

思わず聞いてあげたくなる♡かわいいお願い選手権

投票数:
565
実施期間:
2019年10月22日 2019年11月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6553

◆周術期の問題◆あなたは明日、腹腔鏡下胃全摘術の手術を受ける67歳男性の術前訪問に来ています。以下のうち、術前訪問について誤った行動はどれでしょうか?

  • 1.過度の不安は麻酔に影響するため、術式、手術体位などは患者さんから聞かれない場合は説明しない。
  • 2.手術を受けるに当たって不安はないか確認する。
  • 3.自己紹介を行い、手術を担当する受け持ち看護師であることを伝える。
  • 4.術前訪問では、アレルギーや既往歴などのAMPLE聴取を行う。
今日のクイズに挑戦!