2015年09月18日

観血的動脈圧測定|循環器系の検査

『看護に生かす検査マニュアル』より転載。
今回は、観血的動脈圧測定について解説します。

高木 康
昭和大学医学部教授

 

〈目次〉

観血的動脈圧測定とはどんな検査か

観血的動脈圧測定とは、直接動脈を穿刺してカテーテルを留置し、圧トランスデューサーを用いてモニターに圧波形を表示し、連続的に血管内圧を測定して監視する検査である。また、頻回な動脈血採血による患者の苦痛の軽減が図れる。

 

観血的動脈圧測定の目的

観血的動脈圧測定は、マンシェットでは測定が困難な場合や、心不全やショックなどで循環動態が不安定で連続的に血圧監視が必要な場合、また血液ガス分析のため頻回に採血が必要な場合に行われる。

 

観血的動脈圧測定の実際

  • 動脈ライン(Aライン)の挿入部位には、橈骨動脈・上腕動脈・大腿動脈・足背動脈などがある。
  • 主に橈骨動脈が用いられる。

 

観血的動脈圧測定の必要物品

図1観血的動脈圧測定の必要物品

観血的動脈圧測定の必要物品

・圧セット〔圧トランスデューサー・高圧延長チューブ・圧トランスデューサー架台・水準器・加圧バッグ・ヘパリン加生理食塩液(テルモ生食®500mL+ヘパリン2mLまたは3mL)〕・22G留置針・注射器・固定用テープ・防水処置用シーツ・消毒液・手袋

 

観血的動脈圧測定の方法(手順)

  1. 処置の目的・部位・方法を医師から患者に説明する。
  2. 圧セットは医師が処置をする前に組んでおく。
  3. 穿刺部位の下に防水処置用シーツを敷き、橈骨動脈が分かりやすいように、手関節を伸展させ、動かさないように固定する。
  4. 医師が穿刺部位を消毒し留置針を挿入する(必要時、局所麻酔を使用することもある)。
  5. 留置針が確実に挿入され、血液の逆流を確認した上で、圧トランスデューサーを接続する。チューブが短いときは、高圧延長チューブを使用する(接続する際は気泡の混入に注意する)。
  6. モニター画面に圧波形が映し出され、波形に問題がなければ穿刺部位をテープで固定する。接続部位が直接皮膚に当たらないように、ガーゼなどで保護する。
  7. 圧ゼロ点補正は患者を仰臥位にし、胸部垂直方向に1/2の高さに圧トランスデューサーを合わせる。
  8. 患者が手を動かし、正確な圧測定が困難な場合は、シーネなどで固定する。

 

観血的動脈圧測定前後の看護の手順

  1. 処置をする前に患者に留置する必要性、穿刺する際、軽度の疼痛が伴うことを説明する。必要時、局所麻酔が使用できることを説明する(局所麻酔の使いすぎは、動脈触知困難となる場合があるので注意する)。
  2. 処置中は患者の不安の軽減に努める。
  3. 留置後は、穿刺部の出血や血腫の観察をする。特に血栓溶解薬を使用中の患者は、出血傾向にあるため注意する。
  4. 血栓形成による末梢循環障害(冷感、しびれ、疼痛、チアノーゼ)の症状に注意して観察する。
  5. 感染徴候(刺入部の発赤・腫脹・発熱)の観察をする。また、炎症所見を観察する。
  6. モニターの波形が正常な波形を呈しているか、適時観察する。

 

観血的動脈圧測定において注意すべきこと

  • ヘパリン生食は、加圧バッグにセットし、300mmHgの圧をかける(3mL/時程度の速度でヘパリン生食が注入される)。⇒血液の逆流を防ぎ血栓を予防する。
  • 加圧バッグの圧が下がっているときやヘパリン生食の量が減っているときは、圧波形が緩やかな浅い波を呈してくるので注意する。
  • チューブ内に気泡や血液凝固がみられた場合は、三方活栓から注射器で取り除き、その後は十分にヘパリン生食をフラッシュする。ヘパリン生食のフラッシュが困難なときは、血塊形成の可能性があり、無理に血塊を押し込むと血栓症を起こすため、まずは血液が逆流するかを確認する。
  • 圧セットの接続部のゆるみや、三方活栓の向きなどで容易に出血するので注意する。
  • 動脈ラインからの採血は清潔操作を徹底し、採血後は十分にヘパリン生食をフラッシュする。また、三方活栓内の血液も取り除き清潔に保つ。
  • 閉鎖式動脈ラインキットの場合、採血をする部分がゴム栓になっている。ディスポシリンジを直接ゴム栓に差し込むことで採血ができるため、より清潔に採血を行うことができる。
  • 動脈ライン採血時は、強い圧で引くと溶血して正しい血液データが得られないので、自然の逆流を待ち、無理に引かない。
  • マンシェットで血圧測定が可能な場合は、モニターとの圧の差を確認して連続監視の指標とする。
  • 脈圧の幅が狭く、平均大動脈圧が低く、また頻脈の場合は循環動態が不良であることが多いため、全身状態と合わせて観察する。
  • 脈圧が小さく心房圧が高いときは、心タンポナーデなど心不全を疑う。
  • 血圧の上昇は、末梢血管抵抗が増大するため、左室の収縮に負荷(後負荷)がかかる。
  • 血圧が呼吸性に変動する場合、血管内脱水が考えられる。

 

観血的動脈圧測定現場での患者との問答例

これから医師によって持続的に血圧が見られる針を動脈に入れます。

どんな針ですか。

二重になっている針です。外側は柔らかく、内側は硬い針になっています。

痛いですか。

針を刺すときは痛みを伴いますが、中の針を抜いて外側の針を入れておくので、痛みはほとんど残りません。

分かりました。

痛くて我慢ができないときは言ってください。それでは、始めます。

はい。

終わりました。痛みはありますか。

最初は痛かったですけど、今は痛くないです。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 看護に生かす検査マニュアル 第2版』 (編著)高木康/2015年3月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 冠動脈インターベンション(PCI)|循環器系の検査 [09/23up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、冠動脈インターベンション(PCI:percutaneous coronary intervention)について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   ... [ 記事を読む ]

  • 心臓カテーテル検査|循環器系の検査 [09/21up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、心臓カテーテル検査について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 心臓カテーテル検査とはどんな検査か 心臓カテーテル検査の目的... [ 記事を読む ]

  • 観血的動脈圧測定|循環器系の検査 [09/18up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、観血的動脈圧測定について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 観血的動脈圧測定とはどんな検査か 観血的動脈圧測定の目的 ...

  • 中心静脈圧測定(CVP)|循環器系の検査 [09/16up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、中心静脈圧測定(CVP)について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 中心静脈圧測定(CVP)とはどんな検査か 中心静脈圧測... [ 記事を読む ]

  • 頸動脈エコー|循環器系の検査 [09/11up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、頸動脈エコー検査について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 頸動脈エコー検査とはどんな検査か 頸動脈エコー検査の目的 ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • FASTで外傷患者の緊急処置の必要性を判断 [10/12up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、「FASTで外傷患者の緊急処置の必... [ 記事を読む ]

  • FASTのエコー像(心嚢腔) [10/19up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 FASTで外傷患... [ 記事を読む ]

  • 看護師さんにオススメする聴診の勉強会・研究会 [12/20up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第7話は、... [ 記事を読む ]

  • 胸部X線検査 [03/23up]

    『循環器ナーシング』2016年7月号<よくわかる循環器検査>より抜粋。 胸部X線検査について解説します。 Point X線画像を比較してみることで,行った看護が効果的であったかの評価ができる! 胸部X線検... [ 記事を読む ]

  • 聴診器が医師の命を救った!? 聴診器がもたらした200年 [12/13up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第6話は、... [ 記事を読む ]

いちおし記事

爪切りで傷害罪になる!?

場合によっては看護師が刑事責任を問われることも…! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1250
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1240
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
1123
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
1063
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日

あなたの推しスイーツがあるコンビニは?

投票数:
982
実施期間:
2019年08月20日 2019年09月10日

苦手な看護技術、克服したことある?

投票数:
526
実施期間:
2019年08月23日 2019年09月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3376

64歳の男性患者さん 。心不全が再発し、入院することになりました。内服薬の管理・食事の制限ができていないことが問題となっています。独居で支援者はいません。栄養士からの栄養指導を実施しましたが、「1人暮らしで食事なんて作っていられない。3食ちゃんと食べているのだからそれでいいだろう。病院の食事なんて味が薄くて食べられない」と話し、食事療法を取り入れるつもりはない様子です。この患者さんへの看護師の介入方法として、最も優先すべきものでしょうか?

  • 1.医師から食事制限の必要性を説明してもらう。
  • 2.食生活がきちんとできるよう、自炊を心がけるように指導する。
  • 3.今までの生活について話を聞く。
  • 4.減塩の宅配食を勧める。
今日のクイズに挑戦!