看護用語辞典 ナースpedia キーワード:チアノーゼ

チアノーゼとは・・・

最終更新日 2018/02/22

チアノーゼ(ちあのーぜ、cyanosis)とは、口唇や四肢末梢などの皮膚や粘膜が青紫色になる状態のことである。チアノーゼが見られた場合は、低酸素血症もしくは末梢循環不全が考えられる。

【機序】
末梢動脈血中のヘモグロビンのうち、還元型ヘモグロビンが5g/dL以上になると出現する。貧血や大量出血の患者ではもともとのヘモグロビン量が少ないため、産生される還元型ヘモグロビン自体が少なくなるため、チアノーゼは出現しにくい。逆に、多血症の患者ではヘモグロビン量が多いため、軽度の酸素飽和度の低下でもチアノーゼが出現することがある。

【チアノーゼを生じる病態】
チアノーゼには中心性チアノーゼと末梢性チアノーゼがある。
■中心性チアノーゼ
原因が心臓・呼吸器・血液にあるため、中枢の動脈血そのものの酸素飽和度が低い。チアノーゼは毛細血管が外から透けて見えやすい口唇・眼瞼結膜・床などを中心に認める。
1)心疾患によるチアノーゼ
・右左シャントのある(右心系の酸素飽和度の低い血液が体全体に送られる)先天性心疾患
例)ファロー四徴症、完全大血管転位症(TGA)など
2)呼吸器疾患によるチアノーゼ
重症の慢性閉塞性肺疾患(COPD)など、さまざまな呼吸器疾患が含まれる。
3)血液疾患によるチアノーゼ
メトヘモグロビン血症などの異常ヘモグロビンが産生される血液疾患が含まれる。
■末梢性チアノーゼ
原因は末梢循環不全にあるため、心臓から拍出される動脈血の酸素飽和度は正常である。そのため、チアノーゼは四肢末端を中心に出現する。
末梢性チアノーゼを引き起こす病態としては、心拍出量の低下、ショック、末梢血管の閉塞(閉塞性動脈硬化症など)がある。その他には、寒冷などの刺激で末梢血管が収縮することによる四肢末端が蒼白になるレイノー現象なども広義のチアノーゼに含める場合がある。

執筆

松岡由典

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • チアノーゼに関するQ&A[08/28up]

    『看護のための症状Q&Aガイドブック』より転載。 今回は「チアノーゼ」に関するQ&Aです。 チアノーゼの患者からの訴え 「唇や爪が紫です」 〈チアノーゼに関連する症状〉   ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

「白衣の戦士!」で学ぶ癒着性腸閉塞の治療とケア

この春始まった新ドラマを題材に、ナースに必要な医学知識を楽しく解説! [ 記事を読む ]

JCSっていつ、どんなときに使うの?

患者さんを見て、すぐに「JCS●点!」って評価できますか? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師の仕事は好きですか?

投票数:
1316
実施期間:
2019年04月05日 2019年04月26日

腰が痛くて困ったことはありますか?

投票数:
830
実施期間:
2019年04月12日 2019年05月03日

職場の飲み会でお酌しますか?

投票数:
822
実施期間:
2019年04月16日 2019年05月07日

【転職経験者さん限定】前の病院と違っていて驚いたことありますか?

投票数:
137
実施期間:
2019年04月19日 2019年05月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者804

糖尿病の検査法の一つに経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)があります。この検査で用いられる糖の負荷量は何gでしょうか?

  • 1.15g
  • 2.45g
  • 3.75g
  • 4.105g
今日のクイズに挑戦!