看護用語辞典 ナースpedia キーワード:頻脈

頻脈とは・・・

最終更新日 2019/02/19

頻脈(ひんみゃく、tachycardia)とは、脈拍数が100/分以上と定義される。まずは不安定か安定かの判断をすることが何より重要となる。

■不安定な頻脈
動悸、胸痛、呼吸困難、意識障害失神などの症状を呈し得る。低血圧、ショック徴候、急性心不全といった徴候を認める場合には、不安定な頻脈と判断する。不安定な頻脈性不整脈であれば、電気的除細動を考慮する。
頻脈が原因で症状が出現するときは、一般的には脈拍数が150/分以上の頻脈性不整脈であることが多い。頻脈性不整脈の中には心房細動、心房粗動、上室性頻拍、心室頻拍、心室細動などが含まれる。

■安定な頻脈
安定であると判断した場合には心電図評価、および洞性頻脈と鑑別が必要となる。
安定な頻脈性不整脈の診断には、心電図上QRS幅が重要である。広い幅のQRS波(≧0.12秒)であれば、心室頻拍を念頭に循環器専門医への相談を考慮する。狭い幅のQRS波(<0.12秒)であれば、心房細動、心房粗動、上室性頻拍などが考えられ、まずは迷走神経刺激や薬物療法(アデノシンなど)で治療が行われる。

執筆

松岡由典

京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻 医療疫学分野

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 最も危険な頻脈性不整脈「心室細動」[08/18up]

    『循環器ナーシング』2014年5月号より抜粋。 心室細動の心電図について解説するとともに、心室細動が生じやすい疾患や状況について紹介します。   Point 心室細動の心電図は,ゆっくりみている暇はなく... [ 記事を読む ]

  • 洞性頻脈|洞性P波から読み解く不整脈(2)[03/12up]

    看護師のための心電図の解説書『モニター心電図なんて恐くない』より。 〈前回の内容〉 洞不整脈 今回は、洞性頻脈について解説します。 田中喜美夫 田中循環器内科クリニック院長   〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1302
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1204
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1056
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1016
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
801
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
337
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者102

◆栄養の問題◆5大栄養素についての説明で、誤っているのはどれでしょうか?

  • 1.糖質(炭水化物)1gから約4kcaLのエネルギーが得られる。
  • 2.脂質は糖質やタンパク質に比べて1g当たりのエネルギー量が低い。
  • 3.タンパク質は消化・分解されるとペプチドを経てアミノ酸となる。
  • 4.電解質は、脱水や嘔吐、下痢などで喪失しやすい。
今日のクイズに挑戦!