看護用語辞典 ナースpedia キーワード:頻脈

頻脈とは・・・

最終更新日 2019/02/19

頻脈(ひんみゃく、tachycardia)とは、脈拍数が100/分以上と定義される。まずは不安定か安定かの判断をすることが何より重要となる。

■不安定な頻脈
動悸、胸痛、呼吸困難、意識障害失神などの症状を呈し得る。低血圧、ショック徴候、急性心不全といった徴候を認める場合には、不安定な頻脈と判断する。不安定な頻脈性不整脈であれば、電気的除細動を考慮する。
頻脈が原因で症状が出現するときは、一般的には脈拍数が150/分以上の頻脈性不整脈であることが多い。頻脈性不整脈の中には心房細動、心房粗動、上室性頻拍、心室頻拍、心室細動などが含まれる。

■安定な頻脈
安定であると判断した場合には心電図評価、および洞性頻脈と鑑別が必要となる。
安定な頻脈性不整脈の診断には、心電図上QRS幅が重要である。広い幅のQRS波(≧0.12秒)であれば、心室頻拍を念頭に循環器専門医への相談を考慮する。狭い幅のQRS波(<0.12秒)であれば、心房細動、心房粗動、上室性頻拍などが考えられ、まずは迷走神経刺激や薬物療法(アデノシンなど)で治療が行われる。

執筆

松岡由典

京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻 医療疫学分野

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 最も危険な頻脈性不整脈「心室細動」[08/18up]

    『循環器ナーシング』2014年5月号より抜粋。 心室細動の心電図について解説するとともに、心室細動が生じやすい疾患や状況について紹介します。   Point 心室細動の心電図は,ゆっくりみている暇はなく... [ 記事を読む ]

  • 洞性頻脈|洞性P波から読み解く不整脈(2)[03/12up]

    看護師のための心電図の解説書『モニター心電図なんて恐くない』より。 〈前回の内容〉 洞不整脈 今回は、洞性頻脈について解説します。 田中喜美夫 田中循環器内科クリニック院長   〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

新人ナース必見!持っておきたいナースグッズ12選

「とりあえずこれだけ持っとけば大丈夫!」現役看護師厳選のグッズを徹底解説! [ 記事を読む ]

心電図のキホン、ここだけはおさえておこう!

基準値、異常な波形いろいろ、心電図実施時のポイントなどをコンパクトに解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「新人だった頃の私」に言いたいことは?

投票数:
1229
実施期間:
2020年03月17日 2020年04月07日

実習中の看護技術、どれに苦労した?

投票数:
2813
実施期間:
2020年03月20日 2020年04月10日

1日がかりの院外セミナー。ランチは何がベスト?

投票数:
1109
実施期間:
2020年03月24日 2020年04月14日

【エイプリルフール】人生最大級の「嘘」おしえて!

投票数:
1012
実施期間:
2020年03月27日 2020年04月17日

めちゃくちゃ疲れたときの「自分へのご褒美」ある?

投票数:
859
実施期間:
2020年03月31日 2020年04月21日

ついつい職業病が出ちゃうときってどんなとき?

投票数:
528
実施期間:
2020年04月03日 2020年04月24日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5461

◆浮腫の問題◆浮腫について正しい説明はどれでしょうか?

  • 1.すべての浮腫の患者さんに水分管理が優先される。
  • 2.浮腫の観察は下肢以外では行わない。
  • 3.浮腫による皮膚トラブル予防には保湿剤の塗布を行う。
  • 4.浮腫の触診は骨のない柔らかい部分が最適である。
今日のクイズに挑戦!