看護用語辞典 ナースpedia キーワード:穿刺

穿刺とは・・・

穿刺(せんし)とは、血液や体液、細胞などの採取のために、体外から血管、体腔内、内臓に針を刺すことである。
穿刺には、脳脊髄液を採取する腰椎穿刺(ようついせんし)、胸膜腔にたまった液体や空気を抜き呼吸を楽にする胸腔穿刺(きょうくうせんし)、お腹に溜まった腹水を抜き腸の圧迫を緩和する腹腔穿刺(ふくくうせんし)(腹水穿刺)などがある。
穿刺で採取した血液や体液等を検査することによって、クモ膜下出血髄膜炎膠原病(こうげんびょう)やがんなどの診断を行うことができる。

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

8問の採点除外は過去10年で最多

看護師国家試験の採点除外対象問題をまとめました。 [ 記事を読む ]

これって身体拘束?

身体拘束にあたる4つの基準とは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

もし新卒時に戻れるなら何科で働きたい?

投票数:
308
実施期間:
2017年03月14日 2017年04月04日

「寝坊したことある?」そのあとどうした?

投票数:
285
実施期間:
2017年03月17日 2017年04月06日

就職活動をした(応募した)病院はいくつ?

投票数:
265
実施期間:
2017年03月21日 2017年04月10日

国試の合格発表、最初に誰に知らせた(る)?

投票数:
235
実施期間:
2017年03月24日 2017年04月13日
もっと見る