1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. いまさら聞けない!ナースの常識>
  4. 罨法(あんぽう) |いまさら聞けない!ナースの常識【27】

2014年05月27日

罨法(あんぽう) |いまさら聞けない!ナースの常識【27】

毎日の業務の中で触れているけど、『いまさら聞けない』ことってありませんか?

知っているつもりで実は説明できない基礎知識や、ちょっと気になるけど調べるほどでもないな、なんてこと。

そんな看護師の素朴な疑問を、元看護師ライターがこっそり教えます。

 

Vol.27 罨法(あんぽう)

 

罨法(あんぽう)とは、看護師独自の判断で計画・実施ができる看護技術だ。症状を軽減させるために患部を温めたり冷やしたりする療法で、患者の状態に合わせて、温罨法と冷罨法を選ぶ。今回はこの罨法について、看護師ならではの判断や計画、実施について考えてみる。

 

そもそも罨法とは何か

罨法とは、身体の一部を覆って温熱や寒冷刺激を与えることで、鎮痛や消炎の効果を得て、安静・安楽をはかることを目的とする技術。

看護師たるもの、これらの温度刺激が患者の身体にどのような影響をあたえ、期待する効果が現れるのかを理解している必要がある。

また、実施して終わりではなく、実施後にどんな効果が得られたか、副作用はなかったかなど、観察と判断を行う必要がある。

 

罨法は基本的に、疼痛や炎症を起こしている部位に対して行うが、身体よりも高いあるいは低い温度の物体を、ある程度の時間貼布するため、低温熱傷や凍傷を起こす可能性があることを忘れてはいけない。

皮膚組織の損傷を起こしやすい状況についても事前に検討する必要がある。例えば、浮腫・知覚鈍麻・意識障害があれば、患者自身が異変に気付くのが遅れる。さらに栄養状態が不良な場合や、小児・高齢者ではこれらのリスクが高くなることも考慮し、罨法を実施している部位の観察を頻回に行う、あるいは罨法実施時間を短くすることも必要となる。

また、温度刺激を「心地よい」と感じる温度は個人差があるし、貼布部位やその時の条件によっても変わることを念頭においておこう。

 

 

温罨法のポイントをおさらい

●目的

知覚神経への作用として筋肉の緊張や拘縮を和らげること、局所への血管拡張を促して血液・リンパ液の循環促進から細胞の新陳代謝を促進など

 

●効果

疼痛の緩和、排尿や排便の促進、鎮静・リラクゼーション・入眠促進、血腫や薬液の吸収促進など

 

●実施中から実施後の観察項目

患者はリラックスできているか、実施中から実施後にかけて皮膚の発赤などの異常がないか、目的とした効果が得られたか

 

●注意点

出血傾向がある場合、消化管穿孔や閉塞がある場合、血圧などバイタルサインの変動が著名なときや全身の衰弱がみられるとき

 

蒸しタオルなどを使用する場合、麻痺や知覚障害がある部位への貼布、または意識障害などがあれば、タオル温度は通常よりも低めにし、貼布時間も通常(通常は10分程度)よりも短時間とする方が、低温熱傷などのリスクが少ない。

 

冷罨法のポイントをおさらい

●目的

知覚神経への作用として局所の疼痛を和らげること、血管収縮や血液・リンパ液の循環抑制から組織代謝の低下・炎症の抑制など

 

●効果

頭痛・体熱感の緩和による安楽や入眠促進、動脈血を冷却することによる体温下降、鎮静・鎮痛、受傷部位の冷却による炎症抑制、薬液の吸収抑制、化学療法時の脱毛予防など

 

●実施中から実施後の観察項目

患者はリラックスできているか、実施中から実施後にかけて皮膚の発赤や極度の冷感などの異常がないか、目的とした効果が得られたか、氷など融解や貼布位置のズレによる無駄な圧迫はないか

 

●注意点

乳幼児の場合は急激な体温低下によるショックを起こす可能性がある、体温の解熱効果を得たい場合は頸動脈・腋窩動脈・大腿動脈などの太い表在動脈を冷却する

 

もし悪寒の訴えや末梢皮膚温の冷感がある場合は、体温上昇期と考え、電気毛布や湯たんぽなどで保温を行い、体温が上昇しきったところで冷罨法を実施する。体温低下を目的とする場合、頭部や前額部への冷罨法では効果が得られないため、大体動脈・腋窩動脈・頸動脈などの太い表在動脈への冷罨法を行う。

 

罨法(あんぽう)|いまさら聞けない!ナースの常識【27】|看護師専用Webマガジン【ステキナース研究所】

 

罨法というケアは、例えば子供が熱を出した場合に母親が頭を冷やす、捻挫や打撲の時に湿布を貼る、腰痛がある時に腰を温めるなど、看護師でなくても行うことはできる。

 

しかし看護師が行う場合、そのケアによってどのような効果が得られるかを考え、実施中から実施後にかけての適切な観察を行うことで看護技術とよべるケアとなる。

 

また、罨法による事故もゼロではない。例えば温罨法によって低温熱傷をおこしたり水泡ができることもあるし、冷罨法による局所の発赤や凍傷などもあり得る。一見、誰にでも出来るように見えるが、看護師が行うケアには、きちんとした根拠があることを念頭におき、ちょっとした油断やミスによる事故を起こさないよう、留意して実施したい。

 

【岡部美由紀】

この連載

  • 脈拍測定Q&A [07/29up]

    毎日の業務の中で触れているけど、『いまさら聞けない』ことってありませんか? 知っているつもりで実は説明できない基礎知識や、ちょっと気になるけど調べるほどでもないな、なんてこと。 そんな看護師の素朴な疑問を、元看護師ライタ... [ 記事を読む ]

  • 血圧測定Q&A [07/15up]

    毎日の業務の中で触れているけど、『いまさら聞けない』ことってありませんか?   知っているつもりで実は説明できない基礎知識や、ちょっと気になるけど調べるほどでもないな、なんてこと。そんな看護師の素朴な疑問を、元看護師ライ... [ 記事を読む ]

  • 罨法(あんぽう) [05/27up]

    毎日の業務の中で触れているけど、『いまさら聞けない』ことってありませんか? 知っているつもりで実は説明できない基礎知識や、ちょっと気になるけど調べるほどでもないな、なんてこと。 そんな看護師の素朴な疑問を、元看護師ライタ...

  • ドラッグデリバリーシステム [02/03up]

    毎日の業務の中で触れているけど、『いまさら聞けない』ことってありませんか? 知っているつもりで実は説明できない基礎知識や、ちょっと気になるけど調べるほどでもないな、なんてこと。 そんな看護師の素朴な疑問を、元看護師ライタ... [ 記事を読む ]

  • がん化学療法の基礎のキソ [01/22up]

    毎日の業務の中で触れているけど、『いまさら聞けない』ことってありませんか? 知っているつもりで実は説明できない基礎知識や、ちょっと気になるけど調べるほどでもないな、なんてこと。 そんな看護師の素朴な疑問を、元看護師ライタ... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(32)

32匿名2014年11月27日 23時56分

便秘時って腰を温めるんじゃなかったっけ

31よしこ2014年06月04日 16時33分

そうだね

30tokuko2014年06月02日 21時55分

いいですね。

29りり2014年06月02日 15時40分

そうね

28匿名2014年06月01日 21時47分

いいですね

27匿名2014年06月01日 21時46分

なるほど

26匿名2014年05月31日 09時18分

続きが見たい。

25匿名2014年05月30日 15時59分

勉強になります。

24みみ2014年05月30日 14時32分

そうね

23匿名2014年05月30日 13時46分

納得

22匿名2014年05月29日 18時12分

なるほど

21匿名2014年05月29日 13時59分

わかりやすいです。

20匿名2014年05月29日 00時34分

ほうほう

19匿名2014年05月28日 17時29分

うんうん

18くみ2014年05月28日 15時28分

そうね

17匿名2014年05月28日 14時33分

なるほど

16匿名2014年05月28日 08時50分

低温やけどとか、凍傷に注意しながらですね。

15匿名2014年05月28日 06時39分

いいわね

14匿名2014年05月28日 03時47分

温罨法やってもらいたい

13匿名2014年05月27日 18時50分

わかりやすい。

関連記事

いちおし記事

夢は医者と結婚!?猛禽ナース現る!

無職の旦那に代わって働くもも子。そんな中、イケメン研修医と彼を狙う猛禽ナースが現れて… [ 記事を読む ]

熱中症のケア

熱中症の重症度は3段階。各症状に応じた対応をまとめした。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

忘れられない患者さん、いますか?

投票数:
854
実施期間:
2018年06月26日 2018年07月24日

実録! わたしの周りの「浜田師長」

投票数:
782
実施期間:
2018年06月29日 2018年07月27日

洒落にならないほど怖い心霊体験ありますか…? 

投票数:
768
実施期間:
2018年07月03日 2018年07月31日

看護師は見た! 院内恋愛の修羅場事情

投票数:
709
実施期間:
2018年07月06日 2018年08月03日

新人ナース限定!誰にも言えない「甘え」や「弱音」抱えてない?

投票数:
567
実施期間:
2018年07月10日 2018年08月07日

落ち込んだ心を救ってくれたあの人の一言

投票数:
452
実施期間:
2018年07月17日 2018年08月14日

新人ナースのICU配属 アリ?ナシ?

投票数:
566
実施期間:
2018年07月13日 2018年08月14日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4158

以下の選択肢は、認知症のある入院患者さんへの対応について説明したものです。治療環境の視点から、最も正しいものはどれでしょうか?

  • 1.自宅では薬カレンダーを使用して内服の自己管理をしていたが、入院となったので看護師管理とした。
  • 2.点滴を抜去してしまうので、両手を抑制した。
  • 3.膀胱留置カテーテル管理中だが、尿意を訴えるので「おしっこは管が入っていますからトイレには行かないようにしてください」と説明だけした。
  • 4.治療上、医師よりベッド上で安静の指示があった。長時間の臥床になるため、適宜、体位を調節するようにした。
今日のクイズに挑戦!