看護用語辞典 ナースpedia キーワード:拘縮

拘縮とは・・・

最終更新日 2018/02/06

拘縮(こうしゅく、contracture)とは、手指・手・肩・肘・股・膝・足関節などが関節周囲組織の器質的変化により、関節可動域が制限された状態のことである。

関節拘縮は病変部位別に分類されるHoffaの分類がよく用いられる。これによると、関節性、靭帯性、筋肉性、腱性、皮膚性の5つに分類され、関節周囲にある軟部組織の短縮や炎症後の癒着により、関節可動域が障害され、拘縮を起こすと考えられている。

なお、“強直(きょうちょく)”は、関節部の骨および軟骨の変形や癒着が原因で、関節可動域制限が生じている状態のことである。

しかし、現在も関節拘縮の詳細な病態は不明であり、障害されている病変部位を明確にすることは困難である。よって、臨床の場では、発生原因ごとの分類の方が有用である。下記に代表的な拘縮パターンを示す。

【特発性の関節拘縮】 
肩関節でよくみられるが、原因が不明で、すべての方向(前方屈曲、外旋、内旋動作など)の可動域制限があり、既知の疾患が除外されたものである。つまり、原因究明はできていないが、関節拘縮を生じている状態のことである。

【外傷性・術後の関節拘縮】
骨折や筋挫傷、関節包の損傷の修復過程での癒着、長期間の安静・固定期間による周囲軟部組織の短縮などが起こり、関節拘縮を起こした状態のことである。

【廃用による関節拘縮】 
基本的には起居・移乗・洗顔・排泄・入浴などの基本的な生活動作の繰り返しで、筋力や関節可動域は保たれる。しかし、脳疾患や、血管疾患、筋力低下が原因で、安静・臥床時間が増えたために、本来の関節可動域を維持する生活が困難になり、多部位の関節拘縮を生じている状態のことである。

執筆

金谷裕司

自治医科大学 整形外科

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

胃カメラで改めて実感 手の力

看護師の「手」にどれだけの患者さんが救われてきたことか…。 [ 記事を読む ]

早期経口摂取の注意点は?

術後の食事開始の時期は、少しずつ早まってきています。気をつけたいことは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

現金100万円、一度で使い切るなら何に使う?

投票数:
1045
実施期間:
2018年09月25日 2018年10月16日

自分ががんになったら…補完代替療法、行いたい?

投票数:
834
実施期間:
2018年10月02日 2018年10月23日

「看護師辞めたい」と「看護師やっててよかった!」どっちを思うことが多い?

投票数:
799
実施期間:
2018年10月05日 2018年10月26日

業務時間内に仕事が終わったけど周りはまだ仕事中…そんな時どうする?

投票数:
750
実施期間:
2018年10月09日 2018年10月30日

細かすぎて伝わらない喜び選手権!

投票数:
292
実施期間:
2018年10月16日 2018年11月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3811

成人の透析患者さんで、維持すべきHb値は以下のうちどれでしょうか?

  • 1.8g/dL 以上・10g/dL未満
  • 2.10g/dL 以上・12g/dL未満
  • 3.11g/dL 以上・13g/dL未満
  • 4.11.5g/dL 以上・15g/dL未満
今日のクイズに挑戦!