看護用語辞典 ナースpedia キーワード:拘縮

拘縮とは・・・

拘縮(こうしゅく)とは、関節が他動的かつ自動的に可動域制限を起こしている状態である。一般的には関節を形成する軟部組織の変化による関節の運動制限を指す。拘縮のほとんどは後天性による。拘縮の原因には、長期臥床(寝たきり)による廃用症候群骨折の後遺症、脳血管障害脊髄損傷などによる麻痺などがある。また、浮腫や疼痛などにより、関節の動きを長期間制限していた場合などにも起こる。
拘縮の治療には、温熱療法や運動療法が有効である。ただし、回復には多くの時間と労力が必要であるため、事前に予防策(関節可動域を広げるリハビリ、良肢位の保持など)を講じるのが望ましい。

<拘縮の分類>
皮膚性拘縮:熱傷挫傷回復期に形成される瘢痕による引きつれ(瘢痕拘縮とも呼ばれる)。
結合組織性拘縮:皮下組織・靱帯・腱・腱膜などの瘢痕性病変によるもの(デビュイトラン拘縮など)
筋性拘縮:長期臥床(寝たきり)による廃用症候群、阻血によるフォルクマン拘縮など
神経性拘縮:麻痺(痙性麻痺、弛緩性麻痺など)、痛みに対する反射的な筋緊張によるものなど

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

看護師の結婚の悩みは?

結婚式の招待客は…?旦那さんが動いてくれない…をマンガにしました。 [ 記事を読む ]

熱中症の起こり方

熱中症の病態と対応をまとめました [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

ナースシューズを手入れする頻度は?

投票数:
580
実施期間:
2017年06月09日 2017年06月30日

どのくらいの頻度で映画館に行く?

投票数:
555
実施期間:
2017年06月13日 2017年07月04日

「これが欲しい!」切実に思う“力”は?

投票数:
876
実施期間:
2017年06月16日 2017年07月07日

夜勤明けの天気、どっちが好き?

投票数:
492
実施期間:
2017年06月20日 2017年07月11日

大人気医療ドラマ「コード・ブルー」見る?

投票数:
482
実施期間:
2017年06月23日 2017年07月14日

休憩中の食事、どうしてる?

投票数:
391
実施期間:
2017年06月27日 2017年07月18日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3372

67歳女性のAさん。朝になっても起きてこないので、家族が様子を見に行くと、いつもと様子が違うのに気付き、自家用車で救急外来を受診しました。Aさんは目を閉じていますが、大きな声で呼びかけると開眼します。こちらからの質問に答えはありませんが、ぶつぶつと独り言を話しています。「手を握ってもらえますか?」などの命令に応じることはできませんが、痛み刺激を与えると、左手で払いのける動作を示します。グラスゴー・コーマ・スケール(GCS)を使って、Aさんの意識レベルを評価してください。

  • 1.E2 V4 M6 合計12
  • 2.E3 V3 M5 合計11
  • 3.E3 V1 M5 合計9
  • 4.E3 V3 M1 合計7
今日のクイズに挑戦!