看護用語辞典 ナースpedia キーワード:排尿

排尿とは・・・

最終更新日 2018/04/10

排尿(はいにょう、urination)とは体外に尿を放出することで、膀胱と尿道(男性では前立腺を含む)および尿道括約筋といった下部尿路の機能である。

【メカニズム】
左右の尿管から尿が膀胱内に流れ込み、膀胱内の尿量が増加し、150~200mL を超えると膀胱内圧が上昇する。膀胱内圧が上昇し、膀胱壁が引き伸ばされることで膀胱壁内の伸展受容器が感知した刺激が求心性神経(骨盤神経)を通じて胸腰髄交感神経中枢と仙髄にあるOnuf(オヌフ)核を興奮させ尿が膀胱内に蓄えられる。また、この刺激は脊髄を上行し排尿中枢と大脳皮質に伝わり、尿意を生じる。しかし、大脳皮質が橋排尿中枢を抑制するためすぐには排尿反射は起こらない。橋排尿中枢が抑制されている間は、膀胱では交感神経が優位に働き、畜尿される。
大脳皮質で排尿することを決定すると、橋排尿中枢に対する抑制が解除され、胸腰髄交感神経とOnuf核を抑制し、仙髄副交感神経中枢を活性化する。その刺激は副交感神経を通じて膀胱の排尿平滑筋を収縮させ、不随意筋の内尿道括約筋が弛緩させる。また、外尿道括約筋を弛緩させ、腹圧がかかることで排尿が起こる。

【正常な排尿】
■数字で見る正常な排尿

・1回の排尿量:200~400mL
・1回の排尿時間:20~30秒
・1日の排尿量:1,000~1,500mL
・1日の排尿回数:5~7回
・排尿間隔:起きている間に3~5時間に1回
■症状からみる正常な排尿
・おなかに力を入れなくても排尿できる
・尿が途中で途切れたり、終わらなかったりすることがない
残尿感がない
尿失禁は尿漏れがみられない
・排尿後にすぐに尿意を感じることがない
・夜間に排尿のため起きることがない
・尿意を感じ、その後もある程度は我慢できる

執筆

上村恵理

長崎大学病院 高度救命救急センター助教

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

「急性期ベッドが減る」って本当に本当なの?|看護roo!ニュース

次の改定、7対1看護の条件がさらに厳しくなるかも!?なぜかというと… [ 記事を読む ]

与薬原則の6つのR、言える?

与薬のミスを防ぐために…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師のお給料って安くないですか?

投票数:
1294
実施期間:
2019年06月28日 2019年07月19日

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1200
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1097
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1004
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
932
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
673
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者371

近年注目されている精神療法で、入院や薬物治療ではなく、対話を重視した治療方法をなんというでしょうか?

  • 1.家族療法
  • 2.リフレクティング
  • 3.オープンダイアローグ
  • 4.バイオフィードバック
今日のクイズに挑戦!