看護用語辞典 ナースpedia キーワード:排尿

排尿とは・・・

最終更新日 2018/04/10

排尿(はいにょう、urination)とは体外に尿を放出することで、膀胱と尿道(男性では前立腺を含む)および尿道括約筋といった下部尿路の機能である。

【メカニズム】
左右の尿管から尿が膀胱内に流れ込み、膀胱内の尿量が増加し、150~200mL を超えると膀胱内圧が上昇する。膀胱内圧が上昇し、膀胱壁が引き伸ばされることで膀胱壁内の伸展受容器が感知した刺激が求心性神経(骨盤神経)を通じて胸腰髄交感神経中枢と仙髄にあるOnuf(オヌフ)を興奮させ尿が膀胱内に蓄えられる。また、この刺激は脊髄を上行し排尿中枢と大脳皮質に伝わり、尿意を生じる。しかし、大脳皮質が橋排尿中枢を抑制するためすぐには排尿反射は起こらない。橋排尿中枢が抑制されている間は、膀胱では交感神経が優位に働き、畜尿される。
大脳皮質で排尿することを決定すると、橋排尿中枢に対する抑制が解除され、胸腰髄交感神経とOnuf核を抑制し、仙髄副交感神経中枢を活性化する。その刺激は副交感神経を通じて膀胱の排尿平滑筋を収縮させ、不随意筋の内尿道括約筋が弛緩させる。また、外尿道括約筋を弛緩させ、腹圧がかかることで排尿が起こる。

【正常な排尿】
■数字で見る正常な排尿

・1回の排尿量:200~400mL
・1回の排尿時間:20~30秒
・1日の排尿量:1,000~1,500mL
・1日の排尿回数:5~7回
・排尿間隔:起きている間に3~5時間に1回
■症状からみる正常な排尿
・おなかに力を入れなくても排尿できる
・尿が途中で途切れたり、終わらなかったりすることがない
残尿感がない
尿失禁は尿漏れがみられない
・排尿後にすぐに尿意を感じることがない
・夜間に排尿のため起きることがない
・尿意を感じ、その後もある程度は我慢できる

執筆

上村恵理

長崎大学病院 高度救命救急センター助教

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

便秘タイプ別・上手な下剤の使い方|排便ケアを極める(3)

「下剤の投与」の方法を紹介!わかりやすいフローチャートや薬の一覧も。 [ 記事を読む ]

マスクが1日1枚…!!感染リスクを下げるにはどうすれば?

マスクの使用制限がある中で、看護師のみなさんが不安に思っていることを感染症専門医が解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「看護観」って実際ある?ない?

投票数:
1313
実施期間:
2020年03月10日 2020年03月31日

小さい頃の将来の夢はなんだった?

投票数:
1270
実施期間:
2020年03月13日 2020年04月03日

「新人だった頃の私」に言いたいことは?

投票数:
1086
実施期間:
2020年03月17日 2020年04月07日

実習中の看護技術、どれに苦労した?

投票数:
2426
実施期間:
2020年03月20日 2020年04月10日

1日がかりの院外セミナー。ランチは何がベスト?

投票数:
897
実施期間:
2020年03月24日 2020年04月14日

【エイプリルフール】人生最大級の「嘘」おしえて!

投票数:
662
実施期間:
2020年03月27日 2020年04月17日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3688

◆脳・神経の問題◆以下の中で、女性に多いとされる脳腫瘍はどれでしょうか?

  • 1.髄芽腫
  • 2.髄膜腫
  • 3.下垂体腺腫
  • 4.神経膠腫
今日のクイズに挑戦!