1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. マンガ・じたばたナース

2011年12月16日

マンガ・じたばたナース【全記事まとめ】|看護roo![カンゴルー]

じたばたナース

 

○●『じたばたナース』が本になりました!●○

2年間の連載に加えて、50P以上の描きおろし&「腐女医」さーたりさんからの寄稿を含むオリジナルコラムも掲載しました。

Amazonや各書店で好評発売中です。

 

『じたばたナース 4年目看護師の奮闘日記』(KADOKAWA)

 

○●新刊情報●○ 2017/04/12発売!
『精神科ナースになったわけ 』(コミックエッセイの森)

精神科ナースになったわけ

人はなぜ心を病むんだろう
普通のOLだった太田良枝は、肉親の死による悲しみで、心のコントロールが利かなくなってしまった経験から心の病に興味を持つようになり、精神科の看護師になることを決意。
ー精神科のリアルな現場を新人看護師の目線で描くコミックエッセイ

 

【著者プロフィール】

水谷緑(みずたに・みどり)

水谷緑

著書は「コミュ障は治らなくても大丈夫」(吉田尚記、水谷緑)「まどか26歳、研修医やってます!」「あたふた研修医やってます。」(KADOKAWA) 他。小学館「いぬまみれ」にて犬漫画「ワンジェーシー」連載。

HP:http://mizutanimidori.com/

この連載

  • Vol.4 後輩指導の必殺技 [12/21up]

    秋野海 27歳、看護師4年目。はじめての後輩指導でもじたばたしています。       コミックエッセイ「あたふた研修医やってます。」の著者・水谷緑さんの書き下ろし看護師... [ 記事を読む ]

  • Vol.3 THE・カワイイナース [12/14up]

    秋野海 27歳、看護師4年目。同期のナースがカワイイんです。       コミックエッセイ「あたふた研修医やってます。」の著者・水谷緑さんの書き下ろし看護師マンガがスタ... [ 記事を読む ]

  • Vol.2 新人あらわる [12/07up]

    秋野海 27歳、看護師4年目。病棟に新人がやってきた!     コミックエッセイ「あたふた研修医やってます。」の著者・水谷緑さんの書き下ろし看護師マンガがスタート! 大... [ 記事を読む ]

  • Vol.1 看護師の日曜日 [11/30up]

    秋野海 27歳、看護師4年目。今日もじたばたナースやってます。     コミックエッセイ「あたふた研修医やってます。」の著者・水谷緑さんの書き下ろし看護師マンガがスタート! ... [ 記事を読む ]

  • マンガ・じたばたナース【全記事まとめ】 [12/16up]

    Vol.1 看護師の日曜日 Vol.2 新人あらわる Vol.3 THE・カワイイナース Vol.4 後輩指導の必殺技 Vol.5 看護記録ってね Vol.6 師長、ついていきます Vol...

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

いちおし記事

ナースコールが多い人の特徴

ナースコールがないのは、平穏な証拠…とは限りません。 [ 記事を読む ]

結核疑いの患者さんは「◯◯室」に入室。さて、◯◯に入るのは?

結核は、集団感染が起こりやすい疾患の一つです。集団感染を引き起こさないために、結核の疑いのある患者さんにはどのような部屋に入ってもらうでしょうか?検査法などとともに解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

夜勤手当、いくらが妥当?

投票数:
638
実施期間:
2017年11月24日 2017年12月15日

院内勉強会…。忙しくても「出席したい」と思うテーマは?

投票数:
1414
実施期間:
2017年11月28日 2017年12月19日

摘便って得意?

投票数:
542
実施期間:
2017年12月01日 2017年12月22日

インフルエンザの症状、何がいちばんツラい?

投票数:
519
実施期間:
2017年12月05日 2017年12月26日

「これは腰にくる…」どの場面が一番ツラい?

投票数:
455
実施期間:
2017年12月08日 2017年12月29日

仕事で使うボールペン、推しメーカーある?

投票数:
384
実施期間:
2017年12月12日 2018年01月02日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者196

88歳男性の入院患者のAさん。強い便秘症状があり、自宅では毎日下剤を内服しており、入院後もその下剤を持参して服薬しています。「昨日は少量の便が出たが、下の方の腹が重苦しいし、腹が膨れてきた。張って苦しい」と訴えます。今日は硬便が少量あり、医師により指示されたグリセリン浣腸を実施しました。しかし、反応便は水様便少量と排液のみで、腹部症状の改善は見られませんでした。看護師のあなたがAさんに次に行う対応で最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.直腸に便がないか直腸診を試みる。
  • 2.再度グリセリン浣腸を実施する。
  • 3.グリセリン浣腸後、摘便を実施する。
  • 4.経過観察とする。
今日のクイズに挑戦!