タイミング|マンガ・じたばたナース【30】

答えがないことって難しい。「これでよかったんだ」と思える瞬間はやってくるの・・・?

 

じたばたナースVol.30 タイミング

死期が近い患者さんのご家族を呼ぶタイミングはいつも悩みどころ

「血圧下がってきたから・・・もう呼んじゃおう!」

「今旦那さん向かってますからね。少し待っててくださいね」

「夫に伝えて欲しいことがある」と患者さん。「今までありがとうって・・・」

話し出してしまう患者さんに、何と言ったらいいのか・・・

「今呼んでるから!諦めちゃだめ!!」

「お願い!もう来るから!ちゃんと自分で伝えてあげてください!すごくすごく大事なことだから」

って・・・・つい言ってしまったけれど

あんなに弱ってる人にむかってあんなこといって・・・私・・・鬼・・・?

そこで旦那さんが到着。

1時間、2人きりでじっくり話し、奥さんは息を引き取りました

旦那さんは「最後に妻と色んなことを話すことができました。ありがとうございます」と言ってくださり

・・・よかった・・・。

ナースステーションで、皆で泣きました

 

【著者プロフィール】

水谷緑(みずたに・みどり)

水谷緑

神奈川県生まれ。著書は「まどか26歳、研修医やってます!」「あたふた研修医やってます。」「離島で研修医やってきました。」(KADOKAWA/メディアファクトリー) 。好きなものはモチモチした食べ物、雑貨。

HP:http://mizutanimidori.com/

この記事をシェアしよう

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆周手術期の問題◆術後せん妄について、正しいものはどれでしょうか?

  1. 手術侵襲が大きいほど、せん妄になりやすい。
  2. 年齢や基礎疾患とは無関係で起こる。
  3. 予防のために身体拘束を行う必要がある。
  4. 退院後も長期的にケア、治療が必要である。

6155人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8064人の年収・手当公開中!

給料明細を検索