あるナースマンの悩み|マンガ・じたばたナース【64】

目に入っちゃうのか…?

じたばたナース64_あるナースマンの悩み

先輩看護師から「302号室の鈴木さんのお体洗っておいてください」と指示があり、後輩のナースマンが「あ…はい」と答える。

後輩のナースマンが、「あんまり男の人の身体洗うのって好きじゃないんですよね…」と訴えると、先輩看護師は「え、なんで?同じ男じゃん。」と疑問に思う。

あんまり好きじゃない理由は、「どうしても自分のとサイズを比べてしまうから」。たとえば、「オレより大きい」と思うと、ガーンときます。

「へぇ~!」女にはない感覚と驚く先輩看護師。その横で「私は誰のでも可愛いと思えるわよ、甘いわね」と感想を言う先輩ナースマン。

【著者プロフィール】

水谷緑(みずたに・みどり)

水谷緑

著書は「コミュ障は治らなくても大丈夫」(吉田尚記、水谷緑)「まどか26歳、研修医やってます!」「あたふた研修医やってます。」(KADOKAWA) 他。小学館「いぬまみれ」にて犬漫画「ワンジェーシー」連載。

HP:http://mizutanimidori.com/

この記事をシェアしよう

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆救急看護の問題◆この患者さんが救急外来に搬送れてきた際、行うことはどれでしょうか?

  1. 会話は可能であったため、意識レベルの観察は不要である。
  2. SpO<sub>2</sub>が保たれているため、酸素投与は必要ない。
  3. 傾眠傾向にあるため、覚醒を促すためにも歩行して処置台に移動してもらう。
  4. 全身の観察として皮膚色を観察した。

759人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8061人の年収・手当公開中!

給料明細を検索