患者さんのため|マンガ・じたばたナース【35】

患者さんのためにと信じて仕事をするのが看護師です。

でも、本当に患者さんのためになったかどうかは、誰がどこで決めたらいいのだろう。

 

患者さんのため|マンガ・じたばたナース【35】

スエさん86歳。なぜか私のことを嫌っている患者さんです。

緩和ケアのために、転院を勧められていました。

「転院の話なら嫌だよ!出て行かない!」

残りの時間をゆっくり過ごすためにはその方がいいと説明しても、「ここでいい!」の一点張り

もう時間がないのに、なんて言ったらわかってもらえるんだろう・・・

次の日、スエさんの病室へ行くと・・・

私物をバッグに詰めていました。

「よかった・・・わかってくれたんだ・・・」

見送りのとき

ふと見ると

スエさんは手は降っていましたが、険しい目でこちらを見つめていました

 

【著者プロフィール】

水谷緑(みずたに・みどり)

水谷緑

神奈川県生まれ。著書は「まどか26歳、研修医やってます!」「あたふた研修医やってます。」「離島で研修医やってきました。」(KADOKAWA/メディアファクトリー) 。好きなものはモチモチした食べ物、雑貨。

HP:http://mizutanimidori.com/

SNSシェア

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆循環器の問題◆上行大動脈の根元にあり、左右に冠動脈がつながっている部分を何というでしょうか?

  1. インサン洞
  2. ベルサイユ洞
  3. サマンサタバサ洞
  4. バルサルバ洞

919人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8126人の年収・手当公開中!

給料明細を検索