人生の終わりに|マンガ・じたばたナース【80】

患者さんの生き方を思うときは、自分の生き方を思うとき

 

じたばたナースVol.80 人生の終わりに

入院中から亡くなる直前まで、家族が頻繁に来る人と来ない人がいる

亡くなったあとにもそれは同じ

亡くなってすら誰も来なくて、市町村に遺体を引き取ってもらうこともしばしばある

この方は、どんな人生を送ってきたのかな・・・

亡くなった方はもう何も言わないけれど

私が死ぬときは、誰が隣りにいてくれるんだろう。

 

 

○●『じたばたナース』が本になります!●○

2年間の連載に加えて、50P以上の描きおろし&コラムもたっぷり掲載しました。

Amazonや各書店で予約受付中です。

 

<2016/8/25 発売>
『じたばたナース 4年目看護師の奮闘日記』(KADOKAWA)

 

【著者プロフィール】

水谷緑(みずたに・みどり)

水谷緑

著書は「コミュ障は治らなくても大丈夫」(吉田尚記、水谷緑)「まどか26歳、研修医やってます!」「あたふた研修医やってます。」(KADOKAWA) 他。小学館「いぬまみれ」にて犬漫画「ワンジェーシー」連載。

HP:http://mizutanimidori.com/

SNSシェア

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆フィジカルアセスメントの問題◆以下の疾患の中で、一般的に、甲状腺の圧痛を感じるものはどれでしょうか?

  1. 橋本病
  2. 亜急性甲状腺炎
  3. 甲状腺がん
  4. バセドウ病

934人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8173人の年収・手当公開中!

給料明細を検索