怒りとの戦い|マンガ・じたばたナース【62】

ナースなら、一つはもっていたいもの。

じたばたナース62_怒りとの戦い

患者に「いつまで入院させるんだ」と言われる看護師(夜中3時)

ナース「う…みぞおちマジ痛え…」。患者「クソ看護師が!いい気になるんじゃねえ!」

看護師としての私「キレたら負けよ!」「キレたら負け!」。人間としての私「同じ痛み味あわせたろか…」

最近ヨガにはまっている師長「怒っている時は呼吸が浅くなってるの。だから怒りがどうしようもない時は深呼吸して」

ナース深呼吸。「スーハー。スーハー。」

看護師「申し訳ありませんでした。また来ます。」深呼吸のおかげでなんか落ち着いた。患者「バカヤロー」

休憩室で、「あ、やってみた?深呼吸効くっしょ」「戻ってコーヒー飲んで一休みもいいわよ。」「ありがとうございます。危なかったです。」怒り対策 重要

【著者プロフィール】

水谷緑(みずたに・みどり)

水谷緑

神奈川県生まれ。著書は「まどか26歳、研修医やってます!」「あたふた研修医やってます。」「離島で研修医やってきました。」(KADOKAWA/メディアファクトリー) 。好きなものはモチモチした食べ物、雑貨。

HP:http://mizutanimidori.com/

この記事をシェアしよう

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆救急看護の問題◆この患者さんが救急外来に搬送れてきた際、行うことはどれでしょうか?

  1. 会話は可能であったため、意識レベルの観察は不要である。
  2. SpO<sub>2</sub>が保たれているため、酸素投与は必要ない。
  3. 傾眠傾向にあるため、覚醒を促すためにも歩行して処置台に移動してもらう。
  4. 全身の観察として皮膚色を観察した。

1048人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8061人の年収・手当公開中!

給料明細を検索