「明日、モンゴル行けますか?」オンコール体制は地球規模のエスコートナース

「インターナショナルクリニック」の看護師で「エスコートナース」でもある山本ルミが、患者さまとのドタバタな日常をお届けします!



皆さんは、休みの日にどんなことをして過ごしますか?
例えば友達と映画に行ったり、近場の温泉に出かけたり。休みの日ぐらい、仕事のことは忘れてパーッと遊びたいですよね。もちろんそれは、激務で疲れ果てているナースにとっても同じこと。


しかし、エスコートナースの仕事にはシフトなどなく、いつも急に呼び出しがかかります。つまり、 休みの日でも「I am available anytime!!(いつでも準備出来ていますよ!)」の状態でいなければなりません。

 

エスコートナースはいつでも準備万端!

あれは確か、数年前のお盆のシーズンでした。
そろそろ寝ようかなと思っていた22時ごろ、電話が鳴りました。私がエスコートナースとして登録しているフランスの会社から「明日、モンゴル行けますか?」とのお話。その日は週末で時間もあったので、私は「大丈夫です!」と返しました。今回はモンゴルから患者さんの祖国ベルギーへの搬送を頼まれました。患者さんは左下肢の打撲で、血腫による神経の圧迫もあり、血流が弱まっているとのこと。

 

そうと決まれば早速支度に取り掛かるところですが、その日は夜も遅かったので就寝。翌日はちょっと早く起きて、患者さんの情報収集を行うとともに、荷物の準備をします。


「出発当日に!?」と思う方もいらっしゃるでしょう。しかし私は5分で荷物をまとめられるんです。エスコートバックにはアンビューバッグをはじめ、さまざまな医療品をあらかじめ準備しています。いつ呼び出されても大丈夫なように、日頃から用意は怠りません。それと私個人の荷物は1泊分ですから、着替えの服に化粧品や身の回りの物をスーツケースに詰めるだけ。

 

いろいろなケースに対応するためのエスコートバッグ

 

あとは会社から送られた患者さんの情報やPOA(Plan of Action)をじっくり読んで、自分の行動や搬送するときの注意点を確認します。

 

あれ!? 私の乗る飛行機がない?

何があるのかわからないので、いつも早めの行動を心がけています。今回も出発時間の2時間半前に、空港に到着しました。
余裕ある行動で滑り出しから順調!かと思えば、最初のトラブル発生。
私は会社から、11時半羽田空港発、モンゴル行のA航空の飛行機のチケットをもらっていました。しかし空港に行ったところ、その飛行機は飛んでいないことが判明したのです。

 

実は、8月からモンゴル行の飛行機のスケジュールが変更になっていたそうです。それがすべての国に伝わっていなかったのか、あるいは私の利用した旅行会社にだけ反映されなかったのか。とにかく飛行機は飛んでおらず、しまいには受付のカウンターもないというありさま。


結局、羽田空港で9時間近く待機し、別な航空会社の夜便でモンゴルに行くことになりました。一体何のために2時間半前に着いたのか……。この時点で体力の大半を使い切った気分でした。

 

ようやく飛行機に乗り込んで、モンゴルに着いたのは夜中の0時。初モンゴルだというのに、外は真っ暗で何も見えません……残念!


 

午前0時のモンゴル、ウランバートル空港

 

飛行機の座席で足を拳上する方法

その日の朝すぐに、患者さんをお迎えに病院へ。患者さんはベルギーの女性の方で、今年医学部を卒業されたばかりの医者の卵でした。なんと身長が180㎝もあり、乗っている車いすが小さく見えます。患肢が腫れて痛みやしびれがあるようで、弾力包帯で圧迫固定していました。医者からの注意は「トイレに行くとき以外は足を拳上して置くこと」「血栓予防のためにヘパリン注射を12時間おきにすること」の2点。痛み止めや薬等の内服薬もいくつか処方されていました。

 

患者さんと合流したところで、いよいよベルギーへの長旅の始まりです。まずは飛行機に乗ってモスクワへ。この便ではビジネスクラスを予約したはずなのに、なぜだか席が狭い、狭すぎる! 患者さんは足を拳上するどころか伸ばすこともできません。離着陸のときにはシートベルトのサインが消えるまで、私が前の席に座って患者さんの足を持っていました。

 

皆さんも経験があると思いますが、人の足って結構重いですよね! 2~3分なら耐えられますが、5分を過ぎると手が震えてきます。支える手を変えたり姿勢を変えたり、悪戦苦闘。最終的には旅行用バッグの上に枕をいくつも重ねて、足を置くスペースを確保。こうして何とか拳上もでき、患者さんの痛みを和らげることができました。

 

しかしそれからというもの、飲み物を運ぶカートが患者さんの足に当たったらどうしよう? 他の乗客が寝ぼけて患者さんの足を蹴ったらどうしよう? と心配ごとは山積みで、気が張りっぱなし。


加えて患者さんの痛みのコントロールはもちろん、創部の観察にバイタルサインのチェックも欠かせません。また、急な揺れで倒れるといけないので、トイレにも付き添います。最後には患者さんの様子すべてを記録に残します。仕事の内容は病棟で働く看護師さんと一緒なのですが、私の場合はそれを行うのが空の上ということになるんですね。

 

いよいよ最終目的地のベルギーへ

さて、モスクワに着いたら着いたでお迎えの車いすが遅くなり、乗り換えの飛行機に間に合わない!?と焦る始末。4つの荷物を持ち、空港の中を全速力で駆け抜けて搭乗口まで向かいました(これは本当に死にそうでした!)。


そして、モスクワからパリ行の飛行機に無事搭乗。パリには救急隊が待っていて、そこから車でベルギーに向かいます。ここからは私にとっては一番つらい時間です。なぜなら、窓から見る平和な景色が私の睡魔を呼び寄せるから……。ところが患者さんは「もうすぐボーイフレンドに会える!」と大興奮。ハイテンションな彼女の横で眠気を堪えつつ、仕事をこなしました。

 

波乱万丈ありましたが、なんとかベルギーの病院について申し送りも終了! Mission completed!!

きちんと申し送りするまでが仕事です

 

ようやく寝られる…はずが

帰りは患者さんの寝ていた救急車に私が寝て、ホテルへ向かいます(笑)。
ホテルには夕方にチェックインしましたが、寝るには早すぎるので少しだけベルギーの町を観光しました。夜には倒れるようにベッドに横になり、朝まで爆睡……するはずが!


夜中の1時に強烈な腹痛で目が覚めたら下痢が始まり、自分ではどうしようもないので現地の救急外来を受診。今度は私が患者さんになってしまいました。診断結果は急性胃腸炎で大したことはなく、薬をもらって帰宿。
ちなみに帰りの飛行機はスムーズに搭乗でき、日本に向かう道中、今度こそ爆睡させていただきました! Zzz……。

 


【山本ルミ】看護師・エスコートナース
大分県出身。93年より六本木のインターナショナルクリニックに勤務。98年よりエスコートナースとしても活躍している。著書に『患者さまは外国人』(山本ルミ・原案 世鳥アスカ・漫画)など。

SNSシェア

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆フィジカルアセスメントの問題◆COPDの患者さんに見られる体幹の形態異常は以下のうちどれでしょうか?

  1. 樽状胸郭
  2. 漏斗胸
  3. 鳩胸
  4. 亀背

6679人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8168人の年収・手当公開中!

給料明細を検索