看護用語辞典 ナースpedia キーワード:新生児

新生児とは・・・

最終更新日 2018/07/24

新生児(しんせいじ、newborn infant)とは、WHOの定義によると生後28日未満の子どもを指す。

新生児期は、早期(0~6日)と後期(7~27日)に分けられる。

胎児と新生児の一番大きな違いは呼吸の変化である。胎児期の肺は羊水で満たされているが、出生と同時に空気を吸い込むことで羊水は肺胞から血液中に移行し、肺が空気で満たされるようになる。しかし、出生時に呼吸を阻害する因子がある場合、肺胞のガス交換面積は少なく、それと比較して代謝が活発なため、容易に呼吸不全に陥る。さらに、気道が狭く細いため、少量の分泌物でも気道閉塞を起こす可能性がある。

循環の面では胎児期に使用していた卵円孔動脈管は不要となるため、出生後数時間で閉鎖する。この閉鎖不全があるとチアノーゼの出現や、心雑音の聴取等異常所見が出現する。

免疫の面では胎児期に免疫グロブリンG(IgG)が母体から移行されるため、さまざまな感染症の罹患を防ぐことができる。しかし、白血球リンパ球の異物処理能力には劣る部分があり、自力で十分な免疫グロブリンを産生することが可能になるにも時間がかかるため、新生児期の感染症は重症化しやすいと言える。

神経の面において新生児の中枢神経は易障害性であり、出生時の低酸素虚血は中枢神経系に大きなダメージを与える。しかし、発達途上であるため可朔性も持ち合わせており、新生児期に脳へのダメージがあっても後遺症を残さない児も数多くいる。
また、さまざまな原始反射がみられる。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

デキる新人担当はつらいよ|マンガ・病院珍百景

プリセプティが優秀だったときのプレッシャーといったら…!! [ 記事を読む ]

新人ナース必見!輸液の基礎知識

「腎機能不明時や緊急時に使われるのは●号液」●に入る数字、わかる? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1218
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1139
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1112
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
1018
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
906
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日

[日勤中]たくさん歩いて頑張った大賞!

投票数:
565
実施期間:
2019年07月23日 2019年08月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3621

広範囲熱傷の患者さんに起こる潰瘍を何というでしょうか?

  • 1.クッシング潰瘍
  • 2.シーリング潰瘍
  • 3.ボーリング潰瘍
  • 4.カーリング潰瘍
今日のクイズに挑戦!