2015年06月19日

股関節の外転と内転|関節可動域訓練(24)


【監修】

祐生会みどりヶ丘病院 整形外科
医師 成田 渉 

 

公立南丹病院 看護部

監修者・監修病院についての詳細

 

関節可動域訓練~股関節の外転と内転2(自動)~

(1)患者さんには仰臥位になってもらう

(2)看護師は、一方の手でかかとを下から保持する

(3)もう一方の手で、患者さんのひざの裏を保持する

(4)この状態で、つま先が真上を向くようにする

(5)下肢全体を看護師側に引きつけて外転させ、元の位置にもどす

(6)もう一方の脚へ向けて動かし内転させ、元にもどす

(7)この動きをくりかえす

■ポイント■

内転・外転の動きのとき、かかとを浮かせると、股関節がねじれ脱臼する恐れあり

⇒かならずベッド面に沿って動かすようにする

いちおし記事

准看護師を選んだ理由で一番多いのは?

現状に不満は?将来像は?本音が集まりました。 [ 記事を読む ]

輸液中の空気、人体に入ってしまったらどうなるの?

ルート内に空気が入った場合、どれくらいまで大丈夫? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

最近の新人教育の方針は?

投票数:
873
実施期間:
2018年09月04日 2018年09月25日

休憩時間とれてる?

投票数:
803
実施期間:
2018年09月11日 2018年10月02日

寿退職したい? したくない?

投票数:
682
実施期間:
2018年09月18日 2018年10月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3872

以下の中で、拘束性換気障害に分類される疾患はどれでしょうか?

  • 1.気管支喘息
  • 2.慢性気管支炎
  • 3.肺気腫
  • 4.間質性肺炎
今日のクイズに挑戦!