2015年06月19日

肩の外転(自動)|関節可動域訓練(13)


【監修】

祐生会みどりヶ丘病院 整形外科
医師 成田 渉 

 

公立南丹病院 看護部

監修者・監修病院についての詳細

 

関節可動域訓練~肩の外転(自動)~

(1)患者さんに仰臥位になってもらい、腕を動かすスペースを取る

(2)手のひらが下を向くようにし、体幹に沿わせて腕をまっすぐに置いてもらう

(3)肘関節周辺で腕を支えるようにする

(4)肩の高さまで腕を上げ、元の位置にもどす

(5)この動きをくりかえす

■ポイント■

肩に力を入れず、ひじを持ったほうの腕だけで動かすことが重要

いちおし記事

看護師を選んだ理由がわからなくなった…

モヤモヤを抱えた看護師さんや受験生のみなさん必見です! [ 記事を読む ]

肺炎ってどんな病気?

【ケア】酸素消費量とエネルギーの消費量を最小限に抑えることがポイントです。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

お年玉、何歳までもらってた?

投票数:
1236
実施期間:
2019年01月01日 2019年01月22日

2019年に「がんばりたいこと」は何ですか?

投票数:
1152
実施期間:
2019年01月04日 2019年01月25日

同期との差感じたことあった?

投票数:
1046
実施期間:
2019年01月08日 2019年01月29日

成人式、参加した?

投票数:
1085
実施期間:
2019年01月11日 2019年02月01日

我が家独特の食事メニューある?

投票数:
802
実施期間:
2019年01月15日 2019年02月05日

薬剤のミキシングのとき、手袋はする?しない?

投票数:
415
実施期間:
2019年01月18日 2019年02月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者224

大腸がんで入院中の78歳の女性患者さん。ストーマ造設後、退院が決まっています。退院後は、息子さん夫婦と暮らすことが決まっていますが、息子さん夫婦は仕事をしているため、日中は患者さん一人になってしまいます。ストーマの処置方法を退院指導で行っていますが、なかなか覚えられません。病棟看護師が工夫し、手順書を作成しましたが、便が漏れると慌ててしまい、手順通りの処置が難しい状況です。この患者さんが在宅での生活を安心して送れるようにするために、病棟看護師として適切な対応は次のうちどれでしょうか?

  • 1.息子さん夫婦にもストーマの処置とパウチ交換の方法を教え、パウチから便が漏れてしまったときは、仕事を早退して処置をするように伝えた。
  • 2.ストーマの処置とパウチ交換が患者さん自身でできなければ、息子さん夫婦が帰宅するまでそのままにしておくように伝えた。
  • 3.ストーマの処置とパウチ交換が患者さん自身でできないことを考慮し、訪問看護の導入を主治医に提案し、退院後に利用できるように調整した。
  • 4.ストーマの処置とパウチ交換が患者さん自身でできなければ、すぐに病院に来るように伝えた。
今日のクイズに挑戦!