1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 抗がん剤 A・B・C>
  4. 総目次|抗がん剤A・B・C

2017年05月24日

総目次:抗がん剤A・B・C

抗がん剤 A・B・C

抗がん剤 A・B・C

はじめに

連載『抗がん剤A・B・C』では、岡山大学病院で抗がん剤治療に携わっている各分野の先生方に、主要ながん種のレジメン23種についてわかりやすく解説していただきました。

特に、抗がん剤による副作用のマネジメントの解説に重点を置き、具体的な看護のポイントをまとめています。専門用語をできるだけかみ砕いて解説し、投与の実際から申し送りのポイントなども示すことで、実際の業務に直結できるように編集しました。さらに、各レジメンで共通する重要事項は、「ポイント(A・B・C)」や「memo」などで強調していますので、繰り返し確認してください。

本連載を気軽にご覧くださり、より一層患者さんに寄り添ったケアをぜひ実践していただければ幸いです。

西森久和
(岡山大学病院 血液・腫瘍内科)

 

総目次

肺がん/久保寿夫

カルボプラチン+パクリタキセル+ベバシズマブ療法

シスプラチン+イリノテカン療法

シスプラチン+ペメトレキセド療法

ニボルマブ療法

 

頭頸部がん/小野田友男

TPF療法(ドセタキセル+シスプラチン+フルオロウラシル療法)

 

食道がん/神崎洋光

FP療法(フルオロウラシル+シスプラチン療法)

 

胃がん/神崎洋光

SP療法(S-1+シスプラチン療法)

パクリタキセル+ラムシルマブ療法

 

大腸がん/神崎洋光

○mab+FOLFOX療法

○mab+FOLFIRI療法

FOLFOXIRI療法

 

膵がん/堀口 繁

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法

FOLFIRINOX療法

 

胆道がん/堀口 繁

ゲムシタビン+シスプラチン療法

 

乳がん/元木崇之

AC療法(ドキソルビシン+シクロフォスファミド療法)

パクリタキセル療法/ドセタキセル療法

トラスツズマブ療法

 

前立腺がん/和田耕一郎

ドセタキセル療法

カバジタキセル療法

 

精巣腫瘍/和田耕一郎

BEP療法(ブレオマイシン+エトポシド+シスプラチン療法)

 

悪性リンパ腫/西森久和

R-CHOP療法(リツキシマブ+シクロホスファミド+ドキソルビシン+ビンクリスチン+プレドニゾロン療法)

ABVD療法(ドキソルビシン+ブレオマイシン+ビンブラスチン+ダカルバジン療法)

 

卵巣がん/西森久和

TC療法(パクリタキセル+カルボプラチン療法)

 


[監 修]
齋藤信也
岡山大学大学院保健学研究科 教授

[編 集]
西森久和
岡山大学病院 血液・腫瘍内科

[執 筆](50音順)
小野田友男
岡山大学病院頭頸部がんセンター 耳鼻咽喉・頭頸部外科

神崎洋光
岡山大学大学院医薬学総合研究科消化器・肝臓内科学

久保寿夫
岡山大学病院 腫瘍センター

西森久和
岡山大学病院 血液・腫瘍内科

堀口 繁
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科消化器・肝臓内科学

元木崇之
岡山大学病院 乳腺・内分泌外科

和田耕一郎
岡山大学病院 泌尿器科

(敬称略)


*本連載では、薬剤の厳密な指示・副作用・投与スケジュールなどについて記載されていますが、これらは2017年5月時点のもので、変更される可能性がございます。薬剤の使用にあたっては、製品に添付されている最新の情報を十分にご参照ください。

*本連載では、登録商標マーク®の記載はすべて省略しています。


Design:宗本真里奈


著作権について

この連載

  • 総目次:抗がん剤A・B・C [05/24up]

    はじめに 連載『抗がん剤A・B・C』では、岡山大学病院で抗がん剤治療に携わっている各分野の先生方に、主要ながん種のレジメン23種についてわかりやすく解説していただきました。 特に、抗がん剤による副作用のマネジメン...

  • TPF療法(看護・ケアのポイント)/頭頸部がん [06/14up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、頭頸部がん(頭頸部癌)の患者さんに使用する抗がん剤「TPF療法(ドセタキセル+シスプラチン+フルオロウラシル療法)」について、看護・ケアのポイントについて紹介し... [ 記事を読む ]

  • TPF療法(化学療法のポイント)/頭頸部がん [06/12up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、頭頸部がん(頭頸部癌)の患者さんに使用する抗がん剤「TPF療法(ドセタキセル+シスプラチン+フルオロウラシル療法)」について、レジメンや副作用、治療成績について... [ 記事を読む ]

  • TC療法(看護・ケアのポイント)/卵巣がん [09/06up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、卵巣がん(卵巣癌)の患者さんに使用する抗がん剤「TC療法(パクリタキセル+カルボプラチン療法)」について、看護・ケアのポイントについて紹介します。 第1話... [ 記事を読む ]

  • TC療法(化学療法のポイント)/卵巣がん [09/04up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、卵巣がん(卵巣癌)の患者さんに使用する抗がん剤「TC療法(パクリタキセル+カルボプラチン療法)」について、レジメンや副作用、治療成績について紹介します。 ... [ 記事を読む ]

関連記事

  • 知っておきたい臨床で使う指標【総目次】 [05/25up]

      根本 学 (埼玉医科大学国際医療センター 救命救急科診療部長)   はじめに 臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つです。 指標を上手く使いこなすことができると... [ 記事を読む ]

  • ケリー鉗子|鉗子(6) [02/05up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『ケリー鉗子』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説して... [ 記事を読む ]

  • 肺炎【疾患解説編】|気をつけておきたい季節の疾患【21】 [11/30up]

    来院された患者さんの疾患を見て季節を感じる…なんて経験ありませんか? 本連載では、その時期・季節特有の疾患について、治療法や必要な検査、注意点などを解説します。また、ナースであれば知っておいてほしいポイントや、その疾患の患者さんに... [ 記事を読む ]

  • 将来は皮膚に貼り付けたパッチで血糖値コントロールが可能に? [07/04up]

    穿刺針で指の先を突いて血糖値を調べたり、インスリンを注射したりといった煩わしさから糖尿病患者を開放すべく、さまざまな研究が進められています。今回は、2016年にネイチャー・ナノテクノロジーで発表された、皮膚パッチをご紹介しましょう。... [ 記事を読む ]

  • 総目次:聴診スキル講座 [03/11up]

      はじめに 学校でも詳しく教えてもらえない聴診について、聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説します。 『聴診スキル講座』の大きな特徴は、実際の疾患の聴診音が聴... [ 記事を読む ]

いちおし記事

夢は医者と結婚!?猛禽ナース現る!

無職の旦那に代わって働くもも子。そんな中、イケメン研修医と彼を狙う猛禽ナースが現れて… [ 記事を読む ]

破傷風|災害時に起こりやすい感染症

小さな傷からも感染する可能性があるのが破傷風。治療法・予防など改めて確認しておきましょう。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

忘れられない患者さん、いますか?

投票数:
846
実施期間:
2018年06月26日 2018年07月24日

実録! わたしの周りの「浜田師長」

投票数:
779
実施期間:
2018年06月29日 2018年07月27日

洒落にならないほど怖い心霊体験ありますか…? 

投票数:
762
実施期間:
2018年07月03日 2018年07月31日

看護師は見た! 院内恋愛の修羅場事情

投票数:
703
実施期間:
2018年07月06日 2018年08月03日

新人ナース限定!誰にも言えない「甘え」や「弱音」抱えてない?

投票数:
556
実施期間:
2018年07月10日 2018年08月07日

落ち込んだ心を救ってくれたあの人の一言

投票数:
266
実施期間:
2018年07月17日 2018年08月14日

新人ナースのICU配属 アリ?ナシ?

投票数:
543
実施期間:
2018年07月13日 2018年08月14日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者16

以下の選択肢は、認知症のある入院患者さんへの対応について説明したものです。治療環境の視点から、最も正しいものはどれでしょうか?

  • 1.自宅では薬カレンダーを使用して内服の自己管理をしていたが、入院となったので看護師管理とした。
  • 2.点滴を抜去してしまうので、両手を抑制した。
  • 3.膀胱留置カテーテル管理中だが、尿意を訴えるので「おしっこは管が入っていますからトイレには行かないようにしてください」と説明だけした。
  • 4.治療上、医師よりベッド上で安静の指示があった。長時間の臥床になるため、適宜、体位を調節するようにした。
今日のクイズに挑戦!