看護用語辞典 ナースpedia キーワード:耳

耳とは・・・

最終更新日 2019/04/01

耳(みみ、ear)とは、聴覚と平衡感覚を司る器官である。外耳・中耳・内耳の3つの部分からなる。

【構造】(※図1参照)
・外耳
外耳は、耳介と外耳道からなり、音を中耳に導く役割を持つ。
耳介は主に軟骨からなり、筋肉および皮膚に覆われている。周囲の音を集める集音器としての役割や、音源の位置を感知する方向覚の役割も担う。外耳道は外耳孔と鼓膜をつなぐ管状部分であり、外側3分の1は軟骨で、内側3分の2は骨で囲まれている。

・中耳
中耳は、鼓膜と鼓室、耳小骨、耳管からなる。
鼓膜は外耳と中耳を隔てる膜であり、皮膚層、固有層、粘膜層の3層からなる。鼓膜の内側には、粘膜で覆われた空洞状の鼓室があり、耳管で咽頭とつながっている。耳管は外耳と中耳に生じた気圧差を解消する機能や、中耳の異物や分泌液の排泄、感染防御の機能を持つ1)

鼓膜には耳小骨と呼ばれる3つの骨がつながっており、鼓膜側からツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨という。音によって鼓膜が振動すると、これら3つの耳小骨が連動し、アブミ骨から蝸牛の前庭窓を通り、音が内耳に伝わる。その際、耳小骨のテコの作用と、鼓膜と前庭窓の面積比(17:1)によって、音圧(空気の振動)は約22倍に増大するため、小さな音も内耳へ伝わっていく2)。一方で、大きすぎる音によって耳小骨が過剰に動かないように、耳小骨についている耳小骨筋は動きを抑制する役割を持つ。

・内耳
内耳は、骨迷路と膜迷路からなる。骨迷路は側頭骨錐体部に位置する複雑な孔で、膜迷路はその内側を通るほぼ同じ形の膜である。

骨迷路は前庭、三半規管、蝸牛からなる。耳小骨によって伝わった振動は、前庭窓(前庭の外壁であり、アブミ骨につながっている)を経て、内耳の蝸牛のリンパ液に伝わる。その後、振動は音を感知するラセン器の有毛細胞で電気信号に変わり、中枢神経・脳に伝わる。

内耳は、聴覚とは別に平衡感覚の器官でもあり、三半規管が頭の回転を感知し、前庭が頭の傾きを感知する3)

図1耳の構造
耳の構造のイラスト。耳は外耳・中耳・内耳からなる。

引用参考文献
1)小松浩子ほか.耳咽喉・頸部の構造と機能.系統看護学講座 専門分野Ⅱ 成人看護学14.第12版,株式会社医学書院,2013, 22-27.(ISBN9784260015769)
2)秋澤忠男ほか.耳小骨.南山堂医学大辞典.第20版,南山堂,2015,1019(ISBN9784525010805)
3)坂井建雄ほか.情報の受容と処理.系統看護学講座 専門基礎分野 人体の構造と機能[1]解剖生理学,第9版,株式会社医学書院,2014,437-442.(ISBN9784260018265)

執筆

水 大介

神戸市立医療センター中央市民病院  救命救急センター医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

「ドクターX」に学ぶ肺塞栓症とパンコースト型肺がん

人気ドラマ「ドクターX」を題材に、医療知識をたのしく学ぶ! [ 記事を読む ]

摘便のコツは?体位や禁忌など注意点は?

摘便のコツや注意点をイラストでわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1385
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1268
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1171
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
1067
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
960
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日

思わず聞いてあげたくなる♡かわいいお願い選手権

投票数:
592
実施期間:
2019年10月22日 2019年11月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者7345

◆周術期の問題◆あなたは明日、腹腔鏡下胃全摘術の手術を受ける67歳男性の術前訪問に来ています。以下のうち、術前訪問について誤った行動はどれでしょうか?

  • 1.過度の不安は麻酔に影響するため、術式、手術体位などは患者さんから聞かれない場合は説明しない。
  • 2.手術を受けるに当たって不安はないか確認する。
  • 3.自己紹介を行い、手術を担当する受け持ち看護師であることを伝える。
  • 4.術前訪問では、アレルギーや既往歴などのAMPLE聴取を行う。
今日のクイズに挑戦!