2018年12月31日

血液の成分は何?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は血液の成分について説明します。

血液の成分は何?

血液には、流れる結合組織という別名があります。ふつうの組織は、細胞と細胞の間に細胞間隙という空間があり、そこに組織間液(組織液)という液体成分が存在しています。実は血液も同様に、赤血球や白血球などの細胞(血球成分)と、細胞間液(血漿成分)で構成されています(図1)。

図1血液の構成成分

血液の構成成分

 

試験管に入れた血液を遠心分離機にかけると、固形成分である血球が下に沈み、血漿が上澄みとして分離されます。比率は、固形成分が45%、液体成分が55%です。固形成分の99%以上は赤血球で、白血球血小板は固形成分の1%以下です。血液に対する赤血球の割合をヘマトクリット値といい、通常は40〜45%になります。

血漿は血清とフィブリノゲンに分けられます。血清には、アルブミン(メモ2)、グロブリン(メモ3)などのタンパク質をはじめ、種々の電解質、アミノ酸やブドウ糖などの栄養素、尿素やクレアチニンなどの老廃物などが含まれています。フィブリノゲンは線維素原ともいい、フィブリンに変化して血液を凝固させます。

 

メモ1血清タンパク質

アルブミン、グロブリン(α、β、γの3種)、マクログロブリン、そのほか約80種類のタンパク質を血清タンパク質といいます。

メモ2アルブミン

分子量が最も小さな血清タンパク質で、血液の浸透圧を維持するうえで重要な役割を果たします。

メモ3グロブリン

αグロブリンとβグロブリンは血液中の脂質や鉄、ホルモンなどの輸送に係わります。リンパ球で作られるγグロブリンは抗体であり、免疫に係わります。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 赤血球はなぜ中央がくぼんでいるの? [01/14up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は赤血球の形状について説明します。 赤血球はなぜ中央がくぼんでいるの? 赤血球は円盤状で、両側の中央が白玉だんごのようにくぼんでいます。この形にはちゃんとした意味が... [ 記事を読む ]

  • 血液はどんな仕事をしているの? [01/07up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は血液の役割について説明します。 血液はどんな仕事をしているの? 血液には①運搬作用、②調節作用、③防御作用の3つの働きがあります。 ①運搬作用 酸... [ 記事を読む ]

  • 血液の成分は何? [12/31up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は血液の成分について説明します。 血液の成分は何? 血液には、流れる結合組織という別名があります。ふつうの組織は、細胞と細胞の間に細胞間隙という空間があり、そこに組織間...

  • 体液のpH(水素イオン濃度)はどれくらい? [12/24up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は体液のpH(水素イオン濃度)について説明します。 体液のpH(水素イオン濃度)はどれくらい? 血液やリンパ液などの体液は、すべて弱アルカリ性(pH=7.40±0.05... [ 記事を読む ]

  • 浸透圧って何? [12/17up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は浸透圧に関するQ&Aです。 浸透圧って何? 細胞膜や毛細血管壁、尿細管壁などは、半透膜(はんとうまく)としての性質を持っています。すなわち、水分、無機塩、アミノ酸、単... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 脳と脊髄は身体の司令塔|動作のしくみから理解する(6) [12/10up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、動作のしくみから解剖生理を理解するお話の6回目です。 〈前回の内容〉 嗅覚と味覚・皮膚感覚のしくみ|動作のしくみから理解する(5... [ 記事を読む ]

  • 骨格筋の構造と筋収縮|動作のしくみから理解する(2) [12/01up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、動作のしくみから解剖生理を理解するお話の2回目です。 〈前回の内容〉 動作を支える骨と筋肉、関節|動作のしくみから理解する(1)... [ 記事を読む ]

  • 大腸・肛門の仕組み|食べる(5) [08/18up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、消化器系についてのお話の5回目です。 〈前回の内容〉 肝臓の仕組み|食べる(4) 解剖生理学の面白さを知るため、身体を冒険中のナスカ。... [ 記事を読む ]

  • 体温の調節|調節する(5) [09/03up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経伝達物質・ホルモンについてのお話の5回目です。 〈前回の内容〉 血糖値・血圧の調節|調節する(4) 解剖生理学の面白さを知るため、... [ 記事を読む ]

  • リンパ管の構造と機能|血液の流れから理解する(4) [10/24up]

    ナースのための楽しく解剖生理を学べる解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、血液の流れから解剖生理を理解するお話の4回目です。 〈前回の内容〉 心臓のポンプ機能と毛細血管|血液の流れから理解す... [ 記事を読む ]

いちおし記事

2025年のナース、病院は97万人 訪看は2.5倍必要!?

止まらない看護師不足。この数字、あなたはどう思う? [ 記事を読む ]

ペースメーカーの心電図

各モードごとの心電図を解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

お年玉、何歳までもらってた?

投票数:
1365
実施期間:
2019年01月01日 2019年01月22日

2019年に「がんばりたいこと」は何ですか?

投票数:
1279
実施期間:
2019年01月04日 2019年01月25日

同期との差感じたことあった?

投票数:
1151
実施期間:
2019年01月08日 2019年01月29日

成人式、参加した?

投票数:
1218
実施期間:
2019年01月11日 2019年02月01日

我が家独特の食事メニューある?

投票数:
1002
実施期間:
2019年01月15日 2019年02月05日

薬剤のミキシングのとき、手袋はする?しない?

投票数:
879
実施期間:
2019年01月18日 2019年02月08日

マスクのこだわり、何かある?

投票数:
400
実施期間:
2019年01月22日 2019年02月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4574

生後1カ月のWちゃん。昨晩、発熱があり、体温は38.5℃でした。哺乳は普段通りで機嫌もよかったといいます。今朝の体温は39.2℃。昨日に比べて哺乳量が減っており、呼吸が苦しそうに感じたとのことで、20時頃、救急外来を受診しました。
現在のWちゃんの状態は下図のとおりです。トリアージナースのあなたが所属する救急外来では、JTASの緊急度判定(JTASレベル)に基づき、「蘇生」「緊急」「準緊急」「低緊急」「非緊急」の5段階で患者さんの緊急度を分類しています。Wちゃんの緊急度として最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.蘇生
  • 2.緊急
  • 3.準緊急
  • 4.非緊急
今日のクイズに挑戦!