最終更新日 2018/07/12

ヘマトクリット

ヘマトクリットとは・・・

ヘマトクリット(へまとくりっと/Ht)とは、血液中に占める血球の体積の割合を示す数値である。

ヘマトクリット検査は、採取した血液を遠心分離機で血球と血漿に分離して測定する。血液中の全血球のうち99%が赤血球であるため、ほぼ赤血球の体積に等しくなり、貧血の検査などに利用される。基準値は、成人男性で40~51%、成人女性で35~45%程度である。

一般的に、ヘマトクリットのみで貧血の評価を行うことはなく、赤血球数ヘモグロビン濃度(Hb)と併せて、総合的に判断する(詳細は赤血球数、ヘモグロビンの項も参照)。

ヘマトクリットが上昇する疾患:脱水、赤血球増多症(真性赤血球増多症、二次性赤血球増多症)
ヘマトクリットが減少する疾患:各種貧血

執筆: 栗林真悠

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター 救命救急センター

この記事をシェアしよう

この単語に関連する記事

1777単語公開中!

用語辞典トップへ