1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. 術前に、鎮静薬などの前投薬は必要?

2016年11月14日

術前に、鎮静薬などの前投薬は必要?

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。

今回は「前投薬」に関するQ&Aです。

中田一夫
大阪市立総合医療センター手術センターセンター長
編著 西口幸雄
大阪市立十三市民病院病院長

 

術前に、鎮静薬などの前投薬は必要?

最近は前投薬をしない施設が増えています。症例ごとの判断が必要です。

〈目次〉

 

近年、前投薬をしない施設が増加

従来、手術前の患者には前投薬(鎮静薬、抗コリン薬、ヒスタミンH2 受容体拮抗薬)などを投与し、ストレッチャーに寝かした状態で手術室へ移送していました。

しかし、最近では患者取り違え防止、誤薬防止のため鎮静薬などを投与せず、患者自身が徒歩で手術室へ移動する歩行入室を行う病院が増えています。このことによる不安の増大は認められず、血圧心拍数の変化から歩行による運動負荷は軽度であると考えられています(1)。

ただし、麻酔前投与薬が必要と考えられる症例(不安の強い患者、小児)もあるため、症例ごとの判断が必要です。

 

前投薬の目的

前投薬は麻酔薬の増強効果を期待して前投与されることもありますが、主な目的は麻酔を円滑に導入するための下記の3点です。(表1

  1. 術前鎮静、抗不安作用などの快適性
  2. 口腔内、気道内分泌液の抑制、迷走神経反射の抑制
  3. 誤嚥誤嚥性肺炎*1の予防
用語解説誤嚥性肺炎

麻酔中は人間に元来備わっている咳嗽反射がなくなる。このため、内容物を嘔吐すると気管内に誤嚥してしまい、重篤な肺炎を起こす可能性がある。
この危険を回避するために、術前夜から患者は絶飲食にしたうえで、抗コリン薬、ヒスタミンH2 受容体拮抗薬を投与することがある。

 

表1前投薬の目的

前投薬の目的

稲田英一:麻酔への知的アプローチ 第8 版.日本医事新報社,東京,2012:98. より一部改変して引用

しかし、鎮静薬の効果が過剰になると、呼吸・循環抑制を促し、短時間手術の場合は覚醒遅延の原因になることもあります。

アトロピン硫酸塩は口腔内分泌物の抑制から口渇を引き起こし、投与後に不快感を訴える患者もいます。また、副交感神経反射の抑制が不十分との指摘がある一方、心疾患を有する患者では頻脈発作を誘発する可能性が指摘されています。

ヒスタミンH2 受容体拮抗薬は胃液pHを上げ、胃液量を低下させますが、実際に誤嚥の頻度を減らし、誤嚥性肺炎を予防したという証拠は得られていません。

 

症例ごとに前投薬の必要性の判断を

以上のことから、特別な理由のない限り前投薬を行わない症例は増えていくと考えられます。

前投薬を行わないと、手術室への歩行入室が可能となり、呼名による患者確認が容易になります(1)。このことは患者の取り違え防止などの安全管理上有用です。また、鎮静薬等を投与するよりも麻酔科医による術前訪問のほうが患者の不安を和らげるとの考え方もあり、その必要性について議論されるようになっています。

ただし、過度の不安や緊張が合併症(高血圧、心疾患)を増悪させる可能性がある場合は、前投薬は有用であると考えられます。前投薬の投与により術後の疼痛や心理的な回復が良好であったとの報告(2)や、小児患者の年齢によっては親が同伴入室した場合でも前投薬の投与が必要な場合があるとの報告(3)もあり、症例ごと、患者ごとに必要かどうかを判断することが重要です。

 


[文献]


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典] 『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』 (編著)西口幸雄/2014年5月刊行/ 株式会社照林社

著作権について

この連載

  • 術中に手袋が破れなければ交換は不要? [11/28up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術中の手袋の交換」に関するQ&Aです。 田嶋哲三 大阪市立総合医療センター消化器外科 清水貞利 大阪市立総合医療センター肝胆膵外科副部長 編著 ... [ 記事を読む ]

  • 手術室に入る前にひげは絶対に剃る?かつらは絶対に外す? [11/21up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術中の"ひげ"や"かつら"」に関するQ&Aです。 牧野圭子 大阪市立総合医療センター看護部(中央手術部) 奥谷龍 大阪市立総合医療センター麻酔科 ... [ 記事を読む ]

  • 術前に、鎮静薬などの前投薬は必要? [11/14up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「前投薬」に関するQ&Aです。 中田一夫 大阪市立総合医療センター手術センターセンター長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ...

  • 手術当日の内服薬は麻酔科医や病院によって違うけれど、決まりはないの? [11/07up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術前の内服薬」に関するQ&Aです。 神移 佳 大阪市立総合医療センター麻酔科医長   手術当日の内服薬は麻酔科医や病院によって違うけれ... [ 記事を読む ]

  • 周術期管理を変える“ERAS” とは? [10/31up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「ERAS/イーラス(enhanced recovery after surgery、術後回復強化)」に関するQ&Aです。 編著 西口幸雄 大阪市立十三... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • マッカンドー鑷子|鑷子(4) [09/08up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『マッカンドー鑷子』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解... [ 記事を読む ]

  • ブルドッグ鉗子|鉗子(7) [02/19up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『ブルドッグ鉗子』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説... [ 記事を読む ]

  • マチュー持針器|持針器(1) [05/03up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『マチュー持針器』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説... [ 記事を読む ]

  • 胃鉗子|鉗子(10) [01/04up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『胃鉗子』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説していま... [ 記事を読む ]

  • 医療ドラマあるある!間違い探し【3】~オペ室編その1~ [03/23up]

    毎クール必ず1本は放映される医療ドラマ。看護師の皆さんは「ありえない~!」とツッコミながら観るのも楽しいのではないでしょうか? そこで、医療ドラマのあるあるシーンで間違い探しを作成しました! 【ライター:白石弓夏(看護師... [ 記事を読む ]

いちおし記事

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(1)

【水曜連載】父のがん発見をきっかけに、「死」について考えるエッセイマンガ。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

今期のドラマ、何が楽しみ?

投票数:
2464
実施期間:
2019年10月25日 2019年11月15日

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1252
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1159
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1004
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
940
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
635
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者896

◆集中治療の問題◆スワンガンツカテーテルで測定できないものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.混合静脈血酸素飽和度(SvO2
  • 2.体血管抵抗(systemic vascular resistance;SVR)
  • 3.体血管抵抗係数(systemic vascular resistance index;SVRI)
  • 4.血中乳酸値(Lac)
今日のクイズに挑戦!