看護用語辞典 ナースpedia キーワード:迷走神経

迷走神経とは・・・

迷走神経(めいそうしんけい)とは、脳神経の一つである。副交感神経咽頭・喉頭・食道上部の運動神経、腺の分泌神経などを含む。延髄から出ている。脳神経でありながら、体内で多数枝分れして複雑な経路をとり、腹腔にまで広く分布しているところから、このような名前が付けられた。
内臓(腸や心臓、血管など)に多く分布し、体内の環境をコントロールしているが、強い痛みや精神的ショックなどが原因で迷走神経が刺激されると、迷走神経が過剰に反応し、心拍数血圧の低下、脳貧血による失神などを引き起こす(迷走神経反射)。

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

整形外科看護師のお仕事とは?

現役ナースへの取材から整形外科のお仕事を完全解説します! [ 記事を読む ]

どう考えてどう動く?

点滴の追加と検査室への患者さんの移動、どっちを優先する? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師の国家試験、前日は何してた?

投票数:
384
実施期間:
2017年01月27日 2017年02月26日

国試会場、何分前についた?

投票数:
265
実施期間:
2017年02月13日 2017年02月28日

「緩和ケア」ナースに質問ができるとしたら…何を聞きたい?

投票数:
300
実施期間:
2017年02月21日 2017年03月14日

憧れる看護師、なりたい看護師ってどんな人?

投票数:
262
実施期間:
2017年02月17日 2017年03月16日

【2交代】夜勤13時間 or 16時間、どっちがいい?

投票数:
167
実施期間:
2017年02月24日 2017年03月17日
もっと見る