看護用語辞典 ナースpedia キーワード:誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎とは・・・

最終更新日 2018/03/29

誤嚥肺炎(ごえんせいはいえん、aspiration pneumonia)とは、口腔内の唾液や食べ物、逆流してきた胃内容物などを誤嚥することで、それらとともに気道へ侵入してきた細菌により生じた肺炎のことである。高齢者や寝たきりの患者は咳反射が弱くなっていることが多く、誤嚥のリスクが高い。

【診断】

明らかな誤嚥のエピソードがあり、発熱と低酸素血症や喀痰・咳嗽などの気道症状を伴い、胸部レントゲンで肺炎所見を認めれば診断は可能である。誤嚥のエピソードの有無がはっきりしないことも多く、寝たきりの高齢者や脳梗塞による嚥下機能障害など誤嚥のリスクが高いかどうかの評価も重要である。

【症状】

発熱、低酸素血症、喀痰、咳嗽などが典型的である。高齢者の場合、典型的な症状がなく、倦怠感や食欲低下などの非特異的な症状で発症することもあり、注意が必要である。

【治療】

呼吸状態や全身状態により、入院を要する場合もある。抗菌薬を用いて治療することが基本である。対象とする起因菌は口腔内常在菌に加えて、口腔内嫌気性菌を想定し、選択される。肺炎治療とともに、嚥下リハビリを行って、誤嚥の予防に取り組むことも大切である。

執筆

野浪豪

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

センサーマットとの攻防

患者さんとセンサーマットの戦いは、看護師たちを焦らせる… [ 記事を読む ]

採血の手順と注意点

血管が細い場合はどうする? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
1158
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
1165
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1203
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
1082
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
1077
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日

安楽死に賛成?反対?

投票数:
943
実施期間:
2018年12月11日 2019年01月01日

今年一番の個人的なニュースは?

投票数:
780
実施期間:
2018年12月14日 2019年01月04日

わたしの幸せ自慢!

投票数:
289
実施期間:
2018年12月18日 2019年01月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4109

あなたは病棟に勤務している看護師です。病室に入ると「点滴が間違っているじゃないか」と患者さんに大きな声で訴えられました。名前ラベルを見ると確かに別の患者さんの点滴でした。このときの対応として、最も適切なものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.「申し訳ありません」と謝り、すぐに点滴を止める。気分は悪くないかなど、患者さんの状態の観察を行い、上司と医師に別の患者さんの点滴と間違っていたことを報告すると説明した。
  • 2.点滴をすぐに正しいものに交換し、内容は同じなので問題ないと説明した。
  • 3.すぐにナースステーションに戻り、師長に「患者さんが、点滴が間違っていると怒っている」と報告し、対応を依頼した。
  • 4.注射箋を確認すると、ラベルは間違っているが、点滴内容は同じであることが分かったので、患者さんにはこのままで問題ないことを説明した。
今日のクイズに挑戦!