看護用語辞典 ナースpedia キーワード:誤嚥

誤嚥とは・・・

最終更新日 2018/02/21

誤嚥(ごえん、pulmonary aspiration)とは、飲み込んだ飲食物や異物などが誤って気管に入ってしまうことを指す。

誤嚥の原因として、動きに問題がある機能的障害と構造上の問題がある器質的障害があるが、健常人でも起こり得る。
・機能的障害:脳血管障害、パーキンソン病などの神経変性疾患、筋ジストロフィー、加齢に伴う機能低下など
・器質的障害:口腔・咽頭・食道の悪性疾患や炎症性疾患、外傷、術後など

誤嚥により、窒息、気道閉塞による低酸素血症、細菌感染による誤嚥性肺炎、胃液や化学物質による化学性肺炎などが発生する可能性がある。

特に窒息は、数分で死に至る、もしくは低酸素脳症が発症するため、可及的速やかに気道内の物質を除去する必要がある。細菌感染による誤嚥性肺炎は一般的に抗生剤による治療を行う。化学性肺炎に対する特異的治療はない。誤嚥性肺炎や化学性肺炎を契機に急性呼吸窮迫症候群(acute respiratory distress syndrome;ARDS)となり、重症化する場合がある。

【評価とリハビリテーション】
嚥下機能の低下に伴う誤嚥は繰り返すため、嚥下機能評価とリハビリテーションを行い、予防を図る。

評価には問診、身体診察に加えて嚥下テスト(改訂水飲みテスト、フードテスト、頸部聴診法)、嚥下造影、嚥下内視鏡などがある。

リハビリテーションには、嚥下機能そのものを改善させる治療的介入に加えて、残存機能を活かして姿勢や摂取方法を調整する代償的介入、患者を取り巻く環境を改善する環境改善的介入、さらに精神面の問題に対応する心理的介入などが含まれる。治療的介入には基礎訓練(間接訓練)、摂食訓練(直接訓練)がある。

執筆

瀬尾龍太郎

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター 医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

全国初!「訪問看護師コース」が大学に誕生

新連載・ナースのためのニュース解説!おさえておきたい話題をわかりやすく解説。 [ 記事を読む ]

ドレーンの種類と管理方法

ドレーン排液の異常や固定部のずれ、ゆるみの有無を観察しましょう! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

ふるさと納税、してる or したことある?

投票数:
1206
実施期間:
2018年11月20日 2018年12月11日

看護や医療系の1日セミナー、いくらまでなら自腹で参加費を支払う?

投票数:
1127
実施期間:
2018年11月23日 2018年12月14日

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
990
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
990
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1038
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
897
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
780
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者230

風疹の予防接種に関する説明のうち、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.現在、風疹ワクチンの定期接種は、生後12~90カ月未満の小児が1度受けることとなっている。
  • 2.成人男性であれば風疹の予防接種は必要ない。
  • 3.妊婦は風疹の予防接種を受けることができない。
  • 4.麻疹風疹混合ワクチンと水痘ワクチンは、いかなる場合でも同時に接種することはできない。
今日のクイズに挑戦!