2015年09月16日

中心静脈圧測定(CVP)|循環器系の検査

看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。
今回は、中心静脈圧測定(CVP)について解説します。

 

〈目次〉

 

中心静脈圧測定(CVP)とはどんな検査か

中心静脈圧(CVP)とは、右心に近い胸腔内の上下大静脈内圧のことをいう。
循環動態の管理、体液量、循環血液量の減少などの病態管理のためには必要な検査である。

 

中心静脈圧測定(CVP)の目的

  1. 右心系の機能の指標
  2. 循環血液量の目安
  3. 輸液の必要性、輸液量とその速度の判定

 

中心静脈圧測定(CVP)の適応

  1. 各種ショック
  2. 右心不全
  3. 重症患者管理
  4. 術中管理

※右心系の評価手段であるため、左心系の評価も必要な急性心不全などでは、スワン・ガンツカテーテルを使用することが多い。

 

******

 

Ⅰカテーテル挿入の手技

中心静脈圧測定(CVP)の実際

中心静脈圧測定(CVP)の必要物品(図1

図1カテーテル挿入の必要物品

カテーテル挿入の必要物品

  1. 中心静脈カテーテル用セット(クーパー、持針器、針、糸)
  2. 中心静脈用カテーテル
  3. 穴あき布片
  4. 布片
  5. 処置用シーツ
  6. カテラン針(23G)
  7. ディスポ注射器(10mL、20mL)
  8. 滅菌カップ2個
  9. 局所麻酔
  10. 滅菌ガウン、マスク、キャップ、滅菌手袋
  11. 中心静脈専用ルート(エクステンションチューブ、必要時;三方活栓)
  12. 点滴スタンド
  13. 包交車(消毒液、鑷子、滅菌ガーゼ、綿球、固定用テープ)

<マノメーターによる測定の場合>

  1. マノメーター
  2. スキントレイ
  3. 生理食塩水(50mL)
  4. エクステンションチューブ、三方活栓

<トランスデューサーによる測定の場合>(図2

図2トランスデューサーによる測定の必要物品

トランスデューサーによる測定の必要物品

  1. 圧セット(圧トランスデューサー、圧トランスデューサー架台)
  2. 圧バッグ
  3. 水準器
  4. ヘパリン生理食塩水(テルモ生食®500mL+ヘパリン2mL)

 

カテーテル挿入の実際

  • 操作はすべて無菌操作で行われる
  1. 医師は、患者・家族に目的・合併症・手順を説明し同意を得る。
  2. 看護師は患者に医師からの説明で同意を得て不安がないか確認し、必要時説明を追加して不安の軽減に努める。
  3. 挿入物品、必要物品を準備する。
  4. 医師はマスク、キャップ、ガウンを身に着ける。
  5. これから、カテーテルを挿入することを説明し、必要な体位をとらせる。
  6. カテーテル挿入の必要物品を医師に渡す。
  7. 消毒後、局所麻酔を行い、カテーテルを挿入する(医師)。

※挿入部位は、鎖骨下静脈・内頸静脈・大腿静脈などが用いられる(図3)。

  1. 処置中、患者に不安を与えないように声をかけ、同一体位が保てるよう、体を支える。

図3カテーテル挿入の部位

カテーテル挿入の部位

 

カテーテル挿入後

  1. カテーテル位置確認のため、レントゲン撮影を行う。
  2. カテーテルの位置を確認し、止血されたら刺入部を再度消毒して固定する。
  3. 抜去予防のため、ループを作り固定する。

 

中心静脈圧測定(CVP)前後の看護の手順

1)患者への説明

  1. 循環血液量の過不足がないか、右心機能を知るために、カテーテルを挿入し、測定をすることを説明する。
  2. 穿刺時に疼痛を伴うが、麻酔薬を使用することを説明する。
  3. 挿入時の体位の説明、体動制限の必要性を説明する。
  4. 多くの場合、高カロリー輸液や、持続的に薬剤を投与するので、そのことも説明する。

2)検査前の処置

  1. プライバシー保護のため、カーテンを閉める。
  2. 肌を露出するため、室温を保つ。
  3. カテーテルを挿入しやすい体位を保つ。

3)検査後の管理

  1. カテーテル挿入後は、一般状態の観察、出血の有無を観察する。
  2. 感染の原因になるため、ルート類は清潔に取り扱う。

 

中心静脈圧測定(CVP)において注意すべきこと

  • カテーテルの先端が頭部にいかないように、鎖骨下静脈に挿入する場合、必要時肩枕を入れ、顔を横に向ける。
  • カテーテル挿入後は、必ずレントゲン撮影を行い、正しい位置にカテ先があるか確認する。
  • カテーテル挿入時、気胸・血胸を起こすことがあるので、これらもレントゲンで確認する。

 

*****

 

Ⅱ中心静脈圧測定

マノメーターによる測定方法(図4

図4一般的に行われている中心静脈圧(CVP)測定法

一般的に行われている中心静脈圧(CVP)測定法

  1. 水平仰臥位にする。
  2. 生理食塩水の三方活栓を開き、マノメーターに生理食塩水をゆっくり入れる。
  3. 第4肋間と中腋窩線の交点にゼロ点を合わせる。
  4. 患者側へ三方活栓を開き、マノメーターと交通させる。
  5. 呼吸に合わせて水面が下がっていくので、水面が下がらなくなった位置を測定する。

 

トランスデューサーによる測定方法(図5

図5トランスデューサーによる測定法

トランスデューサーによる測定法

  1. 第4肋間と中腋窩線の交点をゼロ点とし、水準器を合わせる。
  2. モニター操作においてゼロ点の補正を行う。
  3. 患者側へ三方活栓を開き、圧トランスデューサーと交通させる。
  4. モニター画面の圧波形および数値を読む。

<参考>
正常値:5〜10cmH2O
上昇:10cmH2O以上→右心不全、過剰な輸液、心タンポナーデ
下降:5cmH2O以下→脱水、大量出血などの循環血液量の減少

 

中心静脈圧測定前後の看護の手順

1)患者への説明

  1. 測定自体に痛みはない。
  2. 測定は水平仰臥位で行う。
  3. 測定中は体を動かさない。

2)検査後の管理

  • 三方活栓が確実に閉められているか、持続点滴を行っている場合は正確に滴下されているか確認する。

 

中心静脈圧測定で注意すべきこと

  • 中心静脈圧測定を行うときは、正しい位置にゼロ点を設定する。
  • 梗塞を起こすことがあるので、ルート内に空気が入ったり、血栓がないか確認する。
  • 測定は1回だけではなく、経時的に測定し、病態を判断する。
  • 中心静脈圧値が上昇または下降している場合は、尿量、バイタルサインなどをチェックし、医師に報告する。

 

中心静脈圧測定(CVP)現場での患者との問答例

これから中心静脈圧の測定を行います。

どのような検査ですか。

心臓の機能や、体の血液量を調べるための検査です。体をまっすぐにして仰向けになってください。体の横に測定棒をあてて測定します。痛みはありません。

はい。

 

略語

  • CVP:centralvenouspressure(中心静脈圧)

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護に生かす検査マニュアル』(編著)高木康/2015年3月刊行

看護に生かす検査マニュアル

引用・参考文献 / 著作権について

この連載

  • 心臓カテーテル検査|循環器系の検査 [09/21up]

    看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、心臓カテーテル検査について解説します。   〈目次〉 心臓カテーテル検査とはどんな検査か 心臓カテーテル検査の目的 心臓カテーテル検... [ 記事を読む ]

  • 観血的動脈圧測定|循環器系の検査 [09/18up]

    看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、観血的動脈圧測定について解説します。   〈目次〉 観血的動脈圧測定とはどんな検査か 観血的動脈圧測定の目的 観血的動脈圧測定の実際... [ 記事を読む ]

  • 中心静脈圧測定(CVP)|循環器系の検査 [09/16up]

    看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、中心静脈圧測定(CVP)について解説します。   〈目次〉 中心静脈圧測定(CVP)とはどんな検査か 中心静脈圧測定(CVP)の目的 ...

  • 血圧測定|循環器系の検査 [09/14up]

    看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、血圧測定について解説します。   〈目次〉 血圧測定とはどんな検査か 血圧測定の目的 血圧測定の実際 ・聴診法 ・触診法 ... [ 記事を読む ]

  • 頸動脈エコー|循環器系の検査 [09/11up]

    看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、頸動脈エコー検査について解説します。   〈目次〉 頸動脈エコー検査とはどんな検査か 頸動脈エコー検査の目的 頸動脈エコー検査の実際... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 心臓超音波検査 [03/30up]

    『循環器ナーシング』2016年7月号<よくわかる循環器検査>より抜粋。 心臓超音波検査(心エコー検査)について解説します。 Point FSやLVEFだけでは心機能の評価はできない!疾患や病態に合ったデータの... [ 記事を読む ]

  • FASTのエコー像(心嚢腔) [10/19up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 FASTで外傷患... [ 記事を読む ]

  • 胸部X線検査 [03/23up]

    『循環器ナーシング』2016年7月号<よくわかる循環器検査>より抜粋。 胸部X線検査について解説します。 Point X線画像を比較してみることで,行った看護が効果的であったかの評価ができる! 胸部X線検... [ 記事を読む ]

  • FASTで外傷患者の緊急処置の必要性を判断 [10/12up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、「FASTで外傷患者の緊急処置の必... [ 記事を読む ]

  • 聴診器が医師の命を救った!? 聴診器がもたらした200年 [12/13up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第6話は、... [ 記事を読む ]

いちおし記事

「フレイル」ってわかる?老年看護の新用語を解説

2018年の看護師国家試験から出題範囲に含まれた新用語群を解説します。 [ 記事を読む ]

頭痛の時に痛みを感じているのは脳?

見逃すとこわい「頭痛」。なぜ、痛みを感じるのか、どこを観察するかなどを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

EPA外国人看護師と協働したことある?

投票数:
630
実施期間:
2017年10月03日 2017年10月24日

あなたの通勤方法は?

投票数:
749
実施期間:
2017年10月06日 2017年10月27日

今年のハロウィンの予定は?

投票数:
654
実施期間:
2017年10月10日 2017年10月31日

退院調整看護師と協働したことある?

投票数:
571
実施期間:
2017年10月13日 2017年11月03日

自分が服用するなら、先発医薬品?後発医薬品?

投票数:
536
実施期間:
2017年10月17日 2017年11月07日

ホスピタルアートに興味ある?

投票数:
458
実施期間:
2017年10月20日 2017年11月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者179

Aさんは40代男性で、統合失調症と診断されています。18歳の時に発症し、これまでに5回の入院歴があります。入院後も自閉的な生活が続いており、ほとんどほかの患者さんとの交流はありません。最近は一日中コップを片手に持ち、洗面所と部屋を行き来するなど飲水行為が目立っています。身長168cm、今朝の起床時の体重は60kgでしたが、昼食後に再度測定すると、67kgまで増加していました。表情もボーっとしており、問いかけにも返答がありません。歩行時にふらつきが見られ、昼食前にズボンの前を濡らしたまま歩いていました(尿失禁)。このような状態の多飲水患者さんへの看護として最優先される対応はどれでしょうか?

  • 1.患者に朝と夜に体重測定を行ってもらい、1日で摂取できる水分量を伝え、それをうまく配分、コントロールできるよう看護師が教育的な援助を行う。
  • 2.水に集中している意識がほかのものに向くよう、作業療法やレクリエーションなどを導入し、気分転換を図るよう援助する。
  • 3.コップを看護師が管理し、飲水量を厳しくチェックする。それでも飲水が止まらず体重がプラス5kgになれば、保護室で隔離を行い、水分摂取を強制的に制限する。
  • 4.Aさんは、昼食後の体重が基礎体重よりプラス5%を超えており、意識障害も疑われるため、血液検査を考慮する。
今日のクイズに挑戦!